天気予報では18日は晴れ又は曇りの予定、ころ助さんと鍬崎に登ろうと約束、ゴンドラ駐車場朝6時に待ち合わせた。
 所があいにくの霧雨、合羽を着るほどでは無いにしろ、少々不安な天候、ころ助さんの提案で、とりあえず
大品山頂まで登り後はその場で考えることにしよう!と意見が一致。
 まずは、大品山頂までは順調に登った。相談の末、ここまで来たのだから鍬崎山目指そうと予定決行!
 長い道のりを楽しいお話をしながら登った。
 
 ころ助さんが始めて登った鍬崎山は2年前、「登っても登っても、鍬崎山ははるか遠くに有り」と思ったそうである。
 僕も昨年鍬崎山を目指したが、膝に水がたまりひきかえした苦い思い出がある。
 今回はころ助さんとそんなお話をしながら登るので、本当に心強く快調に進むことが出来た。

 鍬崎山頂に近づくにつれ、気温が低くなってくる、おまけに霧雨が小雨に変り寒くて仕方が無い。
 夏の山行きにと明見が買ってくれたウインドブレーカーをもっていて助かった。
 この1枚のブレーカーが無ければ今回の登山は悲惨な事になっていたと思う。

 標高が高くなるに連れて、下界で見終わった花が次々と顔を見せる。
 中でも一番嬉しかった花は桜・・・6月半ばに桜が見れて大満足、眺望は全くだったが、この桜で心が癒され
た。
  
 山頂は360度ガスって真っ白、早々に下山する。
 帰りの登山道は本格的に雨が降り出し、滑って危ない状態に・・・僕は4回も転んでしまった。
 登山道は至る所で崩れ崩壊している箇所がある、崩壊したところの地面には、突き出した残骸の鉄筋が残り
転んだ時に体に突き刺さらないかと本当に怖かった。
 
 この雨の中草刈の仕事をいていた人がいたが、刈り取られた草が登山道に残りこれがまた滑って危ない、か
なり下山は慎重に降りる事となった。

 雨の鍬崎山、眺望は望めなかったが、ころ助さんとお話しながら楽しく登れた。雨で気温が低く、体力的には
快調に登れたのではないだろうか?
 こんな登山もまた心に残って良し!としよう!!
 

2009年 6月18日

ここら付近には
イワカガミが沢山咲いていた

鍬 崎 山

鍬崎山  標高2、2090メートル 旧大山町 同伴者 ころ助さん

バック

おやじの独り言トップページへ

昨年のリベンジ達成!

足元は汚れて御覧の通り
靴の中に入った水は、お湯になっていた。

14:34
登山口到着
お疲れ様でした。

14:10
新しくアルミの橋が出来ていたが
景観とミスマッチ
こんなの必要なの?

緑が冴える渓

13:58
巨岩の土砂崩れ
龍神の滝は水量が少ないので
パスした。

立山杉ところ助さん

巨木、立山杉

瀬戸蔵登山道下山中、またしても草刈り隊
5名程の方が汗を流しながら作業をしていた。

ラーメンを作るころ助さん

僕はおにぎり4個で腹ごしらえ

コンビニでおにぎり10個購入し
2つはころ助さんへ、残りの8個は僕の
胃の中へ・・・・
これが食べ過ぎだったのか、全然体重が
減っていなかった。


食事中も下山中もおじゃま虫に悩まされた。

12:54
瀬戸蔵山到着

昼食タイムと休憩をする。

瀬戸蔵、大品山間遊歩道を3名の方が
草刈をしていた。
雨の中ご苦労様と声をかけた。

12:25
大品山山頂
雨が本格的に降っている。

12:18
粟巣野分岐点
どちらに行くかかなり迷った。
粟巣野方向に10メートルほど進んだが、
貯水池周辺の薮ごぎと水平道路の下草を
考えて引き帰した。

それが結局正解だったとその後の雨で
思った。

熊よけの鐘が、要所要所に置いてあった。

雨にぬれ妙に艶やかな立山杉

今日出会った3人目の登山者
地元の人らしい・・・?

泥沼化した登山道

汚いし・・滑るし・・
最悪だぁ〜

時々ガスは晴れるが、相変わらず
小雨状態。
ここら辺りから、靴の中は水だらけ
ぐちゃぐちゃで、生暖かい・・・
非常に不快な靴の中となる。

桜と残雪

下山中、雲の流れが速い
そして寒い!
手がかじかんだ。

10:25
鍬崎山頂上
眺望なし、周りは真っ白
小雨が降り、寒い!
早々に下山する。

ころ助さんに名前を聞いたが忘れて
しまった。

えぇ〜っ!!桜だぁ〜
標高が違うと今頃桜が咲くんだ・・・
ちょっとビックリ

あちらこちらで咲き誇っていた。

桜  アップで

朝4時から登った先行者と出会う。
帰りはゴンドラに乗って下山された。

遠くに大辻山が薄っすら見える。
眺望が良ければ最高なのだが・・・

快調に歩くころ助さん
ここら辺りから・・寒い!

遠くに見える鍬崎山
まだまだ先だ!
 
左の小高い山がどっぴょう・・・?

ころ助さんと、どっぴょうとピークが何処
なのか話をしながら歩いたか、結局は分からずじまい・・・・

9:20
鎖場到着

誰が歩きやすいように、岩に鉄筋を打ち
込んだのだろうか?
ありがたいことだ。

登山整備して頂いた方に、感謝!

変った木?
と思ったら鎖場手前だった。

食べごろのコシアブラ
帰りに採っていこうと思ったが、分からなく
なってしまった。

株立ちのギンレイソウ

あちらこちらで見かけた。

7:59
大品山頂
雨は小雨状態
朝食でおにぎり4個を食べる。
元気が出たところで
鍬崎山へ向けGO!

ブナ林の中を快調に歩く
あぁ〜山歩きをして居るなぁ〜と
感じるロケーション

7:11
瀬戸蔵山山頂
休まず大品山を目指す。

6:37
巨大な立山杉が目に入る。

6:26
林道瀬戸蔵登山道出会い

5:46
登山口近く、家族旅行村
天気は霧雨状態

5時46分ゴンドラ駐車場出発  林道より登山道直通で登る
7時10分瀬戸蔵山頂
8時00分大品山頂
10時25分鍬崎山頂
12時25分大品山頂
12時54分瀬戸蔵山頂 ここで昼食 13時25分下山開始 龍神の滝、百間滑経由
14時35分登山口到着