最近運動不足が気になると言う明見に、「じゃ山歩きでも行きますか?」と今日は軽い気持ちで七姫山に
行って見ることにした。
 七姫山は標高1.335メートルとそんなに高くないし、今の時期なら雪が解けたばかりで登りやすいだろうと
安易な考えで決めたのと昨年のリベンジからだった。
 しかしその考えはかなり甘かった。
 登山道は無いと言って過言で無い状態、林道を離れ、登山道に入ると終始殆どが薮こき状態、明見は良く
頑張ったと褒めてあげたい。
 GPSを持っていたので何とかたどり着けたが、GPS無しでは先ず無理だったと思った。
 そして通常の登山道の倍以上は時間がかかり、来月に入るとGPS無しでは登頂はまず無理だと思った。
 僕は昨年6月15日に挑戦しているが、今回登ってみて無謀な挑戦だったんだと改めて納得、七姫山に登るの
なら、春先の残雪がかなり有る時期がベストだと思った。

10時00分林道出発→11時45分登山口到着→12時50分山頂→1時10分下山開始→15時30分林道入り口到着

お腹が空いたのでクムジュンで食事

15時30分林道入り口到着

アルペンルートをバックに下山中、あと少し、頑張れ明見

2009年 5月 5日(火)

七 姫 山

12時50分山頂到着、山頂は竹やぶになっていた。

七姫山(1335m、上市町・立山町)同伴者 明見

砂防堰堤滝をバックに記念撮影、あと少しと聞いて元気が出た明見

ネパールチキンカレーを頂く。僕は大盛りを食べ満足!ご馳走様でした。

新緑の人津谷、すがすがしい

山頂で水分補給、薮で無ければそんなに厳しい登山ではないのだが疲れた。

登山道に入るとブナ林の急坂が暫らく続き、細い稜線に向かい歩くことになる。

沢歩きが終わると雑木が生い茂る林道となっていく

おやじの独り言ホームへトップページへ

バック

山桜が咲いていた。

大きな落石で記念撮影

20分ほど休憩して下山開始

12時20分七姫山が目の前に現れた。

細い稜線に出ると御覧の薮こき、3メートル離れるとお互いの姿が見えなくなる。

11時45分、登山道発見、垂れ下がったトラロープを見つけたときは嬉しかった。

これが林道か?葉が生い茂る頃には林道と言えど道が分からないだろう。

林道と言っても結構急斜面、明見は木の枝を杖代わりに登る、お疲れ気味・・・

右に折れると暫らくは沢歩き状態、歩きにくい。

10時30分 取水堰堤 水の音が爽やか・・・ここから右に折れ進む

立山アルペンルートが綺麗に見える。

10時00分クムジュン横の林道から登り始める。

アルペン村に新しく出来たセブンイレブン、お客さんで満員状態、飲み物と日焼け止めを買った。

最初のうちは歩きやすく快調に進めた。