冬の称名滝&8回目のBONNと尖山

 ロータリー除雪車熊太郎
 僕はこの熊太郎を始めてみたが、数
年前の3月、別の熊太郎のパンク修を
弥陀ヶ原で社員がしたことがある。
 その時の弥陀ヶ原は北極並みの寒さ
だと社員が言っていたことを思い出した

日曜と言うこともあり、いつもよりはかなり遅く起きだしてBONNの散歩を済ませた。
 天気予報を見ると、今日一日晴れそう!こんな日は自転車で冬の100キロ挑戦か、山歩きか悩んでしまう。
 遅い朝食を済ませ、如何しようかと悩んだあげく、とりあえず8回目のBONNと尖山散歩は行きたいと決めた。
 尖山散歩の準備をしながらふっと称名滝が頭をよぎる。
 そういえば、土曜日に佐伯石油の弟ヒロシさんが来店し、称名道路は桂台まで除雪してあると言っていたの
を思い出す。
 称名滝を見た後、尖山に登れば良いや!!で、称名滝と8回目のBONNと尖山散歩に決定した。

 藤橋から少し上流にあるゲート前に車を止め9時過ぎから歩くことに。
 ゲートの前には、情報通りロータリー除雪車の3代目立山熊太郎が置いてあった。
 昨日降った5センチほどのゆきが道路を白くしていたが桂台まで順調に歩くことが出来た。
 桂台で、スノーシューを履き歩き始めるが、雪が一気に深くなり、トレース後も無いので歩きにくい。
 称名駐車場に着いたのが10時50分、あまりの雪の多さと寒さにこの先行けるかどうか心配になる。
 称名駐車場より上流を歩き始めるが、なだれの心配が頭をよぎり、滝見橋までかなりの時間を要した。
 そして滝見橋、橋を渡り左岸に行かないと滝が見えない・・・・しかし橋の上には2メートル近い雪が積り、かな
り狭く歩きにくい状態、渡るのが怖くて怖くてたまらない。
 高所恐怖症の僕には今回何よりも恐怖であった。
 冬の称名滝は凍り付いていると聞いていたが、実際は全てが凍っていたわけでは無く、川は流れていた。
 青空の空を見上げる絶景のロケーションを独り占め!それだけで来た甲斐があったと超満足!

 エメラルドグリーンの称名川
 何故かこの滝の色だけがエメラルドグ
リーンである。
 藤橋より1キロほど上流にあります。

これが2月の称名滝、凍っていると思っていたが・・・・

圧巻の称名滝

おやじの独り言トップページへ

バック

 藤橋上流ゲート手前の駐車場に車を
止める。
 かなり広い駐車場、除雪がして有った。
 9時15分出発

 レストランクムジュンとBONN
 除雪車が入ったわけではないようだが
レストラン周りは不思議と雪が無かった。

称名滝を後にして、尖山登山道に向かい車を走らせた。
 尖山登山道上り口には沢山の車、こんなに天気が良い日には、考えることは皆同じと言うことか・・・・
 称名道路とは違い、雪が殆ど無くなっていた登山道、雪が無い分道路がぬかるみ歩きにくい。
 谷沿いを歩くのも手伝って、かなりぐちゃぐちゃ状態、やはり尖山は、長靴で登るのが一番と思った。
 しかし山頂は最高のロケーション、午後からの尖山はあまり登った事が無いが、朝と違い立山をバックに写真に
撮っても逆光にならないのでBONNNと記念撮影をした。

BONNと8回目の尖山

 立山をバックに記念撮影!

 山頂付近に少しだけ雪が有った。

登山道は雪が消えカラカラ

 尖山登山道お気に入りの場所!
 空が青い

 僕と同じくワンコ連れの登山者

 尖山登山口
 駐車場は満杯状態。

 突然ラッパから鳴り出した発電所のイ
ンフォメーションにBONNが反応!
 ラッパに向かい遠吠えを始めた。

 1時半過ぎ駐車場に到着する。

 七姫山登山口
 二人組山スキーのトレース跡があった。
 

 桂台手前のカーブミラーで記念撮影
 中々上手に取れるようになった。

 来た道を急いで引き返す。

 良くこんな危険なところを通って来たも
のだと反省!
 息の続く限り力いっぱい走り抜けた。

 スノーシェッド下の道路ど真ん中で昼食
 準備の間、見る見る体温が下がった。
 カレーヌードルで体を温める。

 何とか左岸に渡ったが、2度と冬の
称名滝に来ることは無いだろう。
 死ぬ思いでこの橋を渡った。

 渡ったは良いが、帰るのも又恐怖

 滝見橋は御覧の通り
 雪がかなり積もり渡れるだろうか・・・
 橋の上に立つと足がすくんだ!

称名滝が目の前に現れた!

 時々小さな雪玉が無数に転げ落ちる。
 緊張が走るが、急いで通り過ぎた。

 駐車場からさらに進むと雪崩の危険
 かなりここで悩み時間だけが過ぎ去る。
 30分ほど悩んだが、滝見橋まで行こう
と決心。

 屋根雪が落ちて埋もれていたのか・・・

 雪に埋もれたレストラン

 お前は寒くないのか?BONN

 称名駐車場が見えた!

 スズメバチの巣発見!

 今回は元気なBONN

 スノーシェッドを見つけ駆け込むBONN
 胸まで雪に埋まり、ラッセル状態

 スノーシェッドに出来た氷柱
 2メートル以上は有ると思う。

 冬の称名川
 凍っていて川は一面雪景色と思って
いたが、ちゃんと流れが見えた。

 カーブミラーで記念撮影!
 雪が積り、ミラーに近くなった分、撮り
やすかった。
 1発で決まり気分爽快!

 前回今年1月 3日には、この辺りまで
来たが、吹雪で景色が白一色、何もみ
えない恐怖でひき返した。

 称名滝が見えた。
 天気もいいので気分が良い。
 早く着かないかと気が焦った。

 冬の悪城の壁
 悪城の壁

 悪城の壁展望台
 BONNがここで休みたいとぐずるが先
を急ぐことにする。

 称名道路途中の小屋は何処かに移され無くなっていた。

 ひたすら歩く
 振り返ると僕とBONNのトレース跡
 天気が良くて気分が良い!

 まったく誰も歩いた後が無い道
 天気が良く日が当る道を歩いていると
暑いくらい。
 

 ここでスノーシューを履く。
 積雪は、1メートル少々か・・・
 寒い、さむい、サムイ
 しかし積雪は昨年の半分以下か?

 雪に閉ざされたアルペンルート

 桂台到着
 ここまで除雪がして有る。
 アルペンルートへは除雪車がこの先も
行っている様だ。