今日はころ助さん、よしろく先輩の三人で立山駅〜材木坂〜八郎坂〜立山駅を周遊してきた。
 僕にとっては半日以上休みをもらって行く山歩きは今年最後の歩きおさめにしようと思う。 
 とは言っても、尖山、大辻山、来拝山などの仕事前に行ける山は今月中はまだまだ行こうと思っている。
 
 二十数年前に登ったきりの材木坂、登り口からいきなり急登、こんなに急坂だったかな???
 記憶に残っているのは、材木石と途中に有る鉄塔だけだった。

  美女平の駅に着き、中に入ろうとしたらいきなり駅員さんが駆け寄ってきて「靴を洗ってから駅舎内に入って下さい。」といわれ少々戸惑った。
 
 美女平から木道を歩いていたが、木道は苔でぬるぬる状態、滑って危ないので途中からアルペンルートバス道を歩くことにした。
 しかし桑谷を過ぎたところから新しい木道が出来ていて又木道を歩くことにする。
 この木道は優れもの、木で囲った枠の中に砂と砂利が入っていて実に歩きやすい。
 歩くところが木だと苔が生え、滑りやすいが砂利だとクッションにもなりグリップも良好!
 立山一帯の遊歩道が皆このように改良してもらえれば助かるのだが・・・・
 
 順調に歩き、八郎坂から称名駐車場に到着、ここでバスに乗り立山駅に向かう予定がバスの発車時刻までかなりの時間があるため立山駅まで歩くことにした。
 
 今日一日の歩行距離20キロ、よく歩き満足した。
 帰り道、よしろく先輩の「ファミリーレストランよしろく」により名物の肉うどんを食べてきた。
 
 立山の帰りには、よしろくの肉うどんがお勧めですぞ! 先輩、アイスコーヒーどうもご馳走様でした。m(__)m

バック

 12時39分立山館到着
 車はここに止めさせていただいた。

 藤橋到着
 もう少しだ。

僕が大好きなエメラルドグリーンの滝

 称名道路検問所

 ユニットハウスの為、冬は移動する。

 基礎のブロックで傾斜のきつさが分かる。

 遊歩道には木のチップがひいてあった。
 駅舎内を汚さないように敷きつめたらし
い。
 道は右に進む。

 材木坂登り口
 登山研究所敷地内まで行き過ぎ戻る。

 気温が低いと着込んで登ったが、登り始めてすぐに上着を全員脱いだ。

 滝見台手前から少しずつ紅葉が始まっ
た感じかな・・・

 山葡萄が沢山なっていた。
 食してみたがすっぱい。

 バスの排ガスをかぶった山葡萄
 後から食べなければ良かったと反省!

 8時16分 ブナ平

 しばらく木道を歩いていたが、苔が生え
ヌルヌル状態で滑って危ない。

 木道を諦めバス道を歩くことにした。

 最初の休憩広場
 ここで、みんなで朝食
 
 コンビニで僕がますの寿司おにぎりを独
り占め!
 
 立村先輩がますの寿司おにぎりを分けてあげた。
 

 美女平から僕が先頭
 蜘蛛の巣に悩まされる。

 笹の葉をブンブン回しながら進むが
蜘蛛の糸が顔に絡みつき気分が悪い。

 値上がりの杉???

 縁起が良い!

 巨大立山杉

 巨大すぎには個々のナンバーと幹周り
が書いてあった。

 芸術を感じる巨木・・・

 ブナの林と苔のついた大きな石

時刻は僕のデジカメデーターからです。

2009年10月 7日(水)

 立村先輩のお店
 ファミリーレストランよしろく
 大山行政センター並びです。
 立山の帰り道に是非どうぞ!

 ガスがかかっていたがかろうじて見えた
称名滝

 アルペンルートはガスがかかっていた。

 11時51分 桂台到着

 何故か道端には紫陽花が・・・・

 

 11時20分称名駐車場バス乗り場
 ここからバスに乗り立山駅へいく予定
だったが待ち時間が有りすぎ歩くことに
した。

 ここでしばし休憩

 かろうじて見えた称名滝

 展望台で一瞬だけ見えたが、後は
ほとんどガスで真っ白・・・・・

 ガスがかかった八郎坂を降りる。

 登るにつれ紅葉が少しずつ色づく

 8時36分
 滝見台
 観光バスの観光客から「見えますか?」
と声をかけられた。

 またまた立山杉の巨木

 根上がりの立山杉説明看板

 美女平周辺の紅葉はまだ早い。

 ブナの木と立山杉が混生したこんな
感じの遊歩道を延々と歩く

 梯子場

 中々登りやすかった。

 何故か印象に残る巨石

 材木石の説明看板
 
 案内板があると助かる。

立山駅→材木坂〜八郎坂→立山駅(周回)
   立山町  同伴者 ころ助さん 立村先輩

 紫陽花をアップで

 何時ものカーブミラーで記念撮影

 称名発電所と称名川

 急な下り道、称名道路を歩く。

 3人で記念撮影

 11時 7分
 八郎坂登り口到着

 ヒカリ苔
 初めてこれだと確信した。

 キティ隊員にご挨拶!

 称名滝展望台横の紅葉

 9時53分
 八郎坂分岐に到着

 今日一番の立山杉

 でかい!

 僕もいたって元気!
 しかしアスファルト道を長く歩いたからか
お尻が痛くてしょうがなかった。

 快調なころ助さん

 吐く息が真っ白だった。

 新しい木道
 木枠の中に砂利が入っている。
 歩きやすく快適。
 ここから木道を歩くことにする。

 紅葉とカーブミラー

何故か気になった風景

 バスとバスのすれ違い
 絵になるからとシャッターを押した。

 休憩広場横のカーブミラーで
お決まりの撮影!

 遊歩道入り口
 山のおっさん(猿)が出迎えてくれた。

 6時55分美女平到着

 登り始めて20分
 材木石
 記憶に有るのは材木石と途中にある
鉄塔だけだった。

 ごろごろした大きな石で歩きにくかった。
 しかし気持ちが良い。

 先頭は立村先輩、ペースが速い。

 僕はくもの巣が顔に絡まず快適な山歩
きが出来た。

 立村先輩は蜘蛛の巣の餌食に・・・・
 かわいそ〜!

 いきなり急登・・・
 こんなに坂がきつかったかな?
 昔の記憶は何処へやら・・・・

 6時00分   立山駅
 6時 5分   材木坂登山口
 6時55分   美女平
 8時16分   ブナ平
 8時36分   滝見台
 8時50分   下の小平
 9時00分   桑谷
 9時14分   上の小平
 9時34分   大観台
 9時53分   八郎坂分岐点
11時07分   八郎坂登り口
11時20分   称名駐車場
11時51分   桂台
12時39分   立山駅

 おかみのちよこママ
 立村先輩とも知り合いです。

おやじの独り言トップページへ

 名物肉うどん。
 これが美味い!実に美味い
 絶対お勧め!  

 一度食べたら虜になるでしょう!

 ころ助さん、立村先輩ご苦労様でした。
 

 美女平駅舎横の立山杉で記念撮影

 立山駅周辺を見下ろす。
 車は同級生の立山館さんへ預けた。