2010年 5月 3日(月)

大日岳

大日岳    標高2.501メートル   立山町  
同伴者    ころ助さん okuさん ガッパさん うっし〜さん
        komaさん ひさおさん ほりたさん

猿ヶ馬場で休憩
ここではじめてのアイゼン着用
振り返って大日山荘と
立山

 今日は半年以上前から楽しみにしていた待ちに待った大日岳登山
 朝まだ薄暗い4時過ぎから目が覚めてBONNとの散歩、朝食を食べていたらころ助さんが自宅に来られ一緒に
行くことにした。
 昨夜から微熱とお腹の調子が悪く、体調不良の心配があったが無事登頂することができて大満足した。
 大日岳山頂付近は辛く、何よりも寒さに参った。
 春山の寒さを甘く見ていた事に反省、来年からの良い教訓になった。
 それ以外は天候にも恵まれ最高の大日岳登山だったと感謝!
 以前からの春の大日岳登山登頂、夢が叶ったことがうれしくて大満足だった。
 しかし自宅に着くなり疲れがどっと出てダウン!お風呂に入り早々にベットに入った。
 

牛首で出会ったスノーボーダー

朝8時に出発してこの場所だとか

遅すぎないかい?


前を行くうっし〜さん
今日一番元気だった。

僕はへたり気味


写真提供okuさん

皆さんの下山を待つが

待つことの長いこと・・・

皆で記念撮影

全員無事で良かった!

写真提供okuさん

ひさおさんとkomaさんが
どこにも居ない・・・?

登山口と称名駐車場を2往復
して探した。

しかし僕だけが下山したんだと
後からわかった。

15時34分 大日岳登山口

称名道路到着

落石と倒木

もうすぐ称名道路

大日岳に別れを告げ下山開始

不動の滝
ひさおさんとkomaさんを探し回
るがどこにもいない。
下山したものと判断、後を追う

大日平山荘のマスターが除雪
をしていた。

大日山荘前方見た雪庇

寒くて寒くて大日平目指して
すぐに下山

合羽ズボンを履きお尻であっと
言う間に滑り降りた。

大日山荘前からの剣岳

okuさんとすれ違う

この後すぐ大日山荘へ下山

山頂
寒い、寒い 寒い
写真はうっし〜さんに撮ってい
ただく

アップで

剣岳

山頂からの眺望

最初に見えた剣岳

鍬崎山

もうすぐ山頂
一歩一歩登る足が重い

淡々と登るなかむらさん
登り方を見習いたい。

途中から見た薬師岳

頂上近くの大岩
もうすぐそこが頂上だ
しかし中々進まない・・・

後ろを振り返る
急な斜面だが怖いことは無い

何故かokuさんはスノーシュー

目の前の中大日岳と大日岳

大日岳

中大日岳

平を快調に歩く

鍬崎山

 平到着
 ガッパさんがスキーを履いて
歩く。

牛首はしご場
雪は全く無くなっていた。

牛首近くの雑穀谷

振り返ればころ助さん

牛首目指して登る。

初めてのアイゼン
思っていたより歩きやすかった。

振り返るとひさおさんと
うっし〜さん

見た目より雪がしまっていて
登りやすかった。

いきなり残雪の急登

8時過ぎ登山口から歩きだす。
登山口より東側、八郎坂向か
いから登った。

 桂台ゲート
 うっし〜さんが待っていた。

 6時20分
 ころ助さんと自宅を出発

 6時20分    自宅出発
 6時49分    桂台ゲート
 8時 1分    大日岳登山口出発
 8時50分    猿ヶ馬場
 9時12分     牛ノ首
10時22分     大日平山荘手前
13時20分    大日岳山頂
13時20分    大日山荘
13時25分    下山開始
14時10分    大日平山荘
15時34分    大日岳登山口

バック   ミスタータイヤマン富山南店ホームへ