2010年 8月13日(金)

中大日岳、奥大日岳縦走

中大日岳    標高 2.500メートル
奥大日岳    標高 2.611メートル

同伴者       長女

16時08分

室堂到着

これよりバスとケーブルを利用して下山

長女よ、良く頑張ったぞ、

最後の難関

はしごと鎖場付近

奥大日岳まであと少し!

頑張れ長女!

歩きにくく危ない登山道

立山方面の雲はすっきり晴れた。

七福園に向かい歩き始める。

もう少しで水場

頑張れ!長女

 今日、中大日岳へ看板を置きに長女と行って来た。
 本当ならもっと早くに持って行きたかったが、長雨による猿ヶ場〜牛首登山道の土砂崩れなどの都合でこの日になった。
 朝5時半前に出発の予定が6時過ぎの遅い出発となる、女の子は山へ行くにも準備が大変なのだとか?
 称名登山口から登り始めたが、大日平小屋を過ぎ水場付近からガスがかかり眺望はほとんど無し、ガスの中をひたすら
歩いた。
 白く何も見えない登山道、中大日岳に着くまでは台風が原因か誰にも会わない・・・少しばかり心細かった。
 計画では中大日岳、七福園、大日岳と周り帰る予定だったが、七福園から天気が回復、長女を連れて無謀だと思い
ながら奥大日岳目指して縦走することにした。
 縦走中の長女は元気一杯、始めてみる素晴らしいロケーションに感動の連発!良かったねっ!
 ところが予想通り、途中から長女はヘロヘロ、雷鳥沢付近からもう歩けないと言い出した。
 室道からはバスとケーブルカーで下山、立山駅まで明見に迎えに来てもらい、称名まで車を取りに行った。
 それでも始めて見たロケーションには沢山感動したみたいで来て良かったと言っていた。
 長女の奴、今日は良く頑張ったと褒めてあげたい。




 6時40分   称名駐車場出発
 6時51分   登山口出発
 7時36分   猿ヶ場
 7時58分   牛の首
 8時53分   大日平  朝食休憩
 9時10分   大日平出発
11時31分   大日岳分岐
11時40分   中大日岳
12時00分   七福園
13時00分   奥大日岳
15時18分   雷鳥沢
16時 8分   室堂

 長女同伴の為、かなりゆっくりペース、小休憩多めのデーターです。
バック   ミスタータイヤマン富山南店ホームへ

ガスで何も見えず残念だのぅ〜

 とりあえず中大日に看板を置き、七福園
まで行って帰りに大日岳に上登ることにする。

明見さん、ご迷惑をおかけしました。

立山駅まで明見に迎えにきてもらった。

ミクリガ池と立山

地獄谷からここまでが凄く辛かったと言う。

 見るたびにだんだん小さくなっていく
気がする硫黄搭

やっとかし歩く長女

ここは地獄谷じゃなく地獄道なんだとか・・・

地獄谷遊歩道

今日は臭かった。

僕はいたって元気!

かなりクタクタの長女

少し歩くたび休憩

これじゃ下山の歩きは無理とここで判断

15時18分

この橋を渡れば雷鳥沢


だいぶお疲れ気味の長女

雷鳥沢付近のお花畑

雷鳥沢キャンプ場がもうすぐ・・・

室堂目指すがまだまだ遠い

剣岳をバックに記念撮影

登山道は一面お花畑

振り返った大日岳

雷鳥沢へ向かう登山道


先は長い

お気に入り剣岳写真 その2

お気に入りの剣岳写真 その1

奥大日岳山頂の

タイヤマンのおやじ

奥大日岳山頂の

タイヤマンのおやじの長女

13時00分

奥大日岳から見た剣岳

剣岳の写真をどれだけ撮った事か・・・

奥大日岳は目の前

山頂には沢山の登山者の姿が見えた。

大日岳を振り返る。

遠くに槍が岳?が見える。

振り返った大日岳、中大日岳

振り返る。

弥陀ヶ原方面

鎖場を歩く長女

奥大日岳が近づいてきた。

鎖場

足がすくむ

通ってきた稜線

 ロケーションが最高と写真をとりまくる
長女

奥大日岳方面

チングルマ

中大日岳を振り返る。

薬師岳が見える。

稜線の風

寒いくらい・・・・

雲が早い!

さて、奥大日岳目指して歩きますか・・・

七福園と立山

12時00分七福園

剣岳もガスがどんどん引いていった。

ここで戻るか奥大日岳目指して縦走か

迷った末、奥大日岳を目指す事にする。

 昼食を食べている間にも剣岳は見えたり
隠れたり・・・・

看板を山頂に置き昼食

昼食は鱒のすしおにぎり

先ずは凍ったポカリで喉を潤す。

11時40分中大日岳到着

立山のガスが引いていく・・・

これは天気回復かも・・期待しよう!

 ガスの動きが早い中、中大日を目指す
長女

 中大日を向かう途中ガスが途切れ
始め剣岳が見え隠れしだした。

中大日岳目指しますか

仕方ないね!と長女

早く看板置きに行こうよ!と僕を励ます。

剣岳も厚い雲の中・・・残念!

11時31分、大日岳分岐到着
ガスで真っ白・・・何も見えない

がっかりする長女・・・・

おいしそうなイチゴ
食してみたが酸っぱい
あまり美味しいとは言えないな!

大日小屋に近づくと一瞬ガスが引いた。

これを見て元気が少し出る。

もう少しで大日分岐だ
頑張れ!

富士登山と違い、大日はハードだと
こぼす長女!

水場付近で休憩

ガスがかかり始め周りの眺望ゼロ

水場手前で振り返る。
先行きの天気が不安・・・・

大日岳ガマガエル
カエルってこんな高い山にも沢山棲ん
でいるのね!

見頃が終わったワタスゲ

大日岳分岐まで沢山見かけたカエル

9時10分
さて、大日目指して出発!

不動の滝
壊れた滝見台で滝を見ながら朝食

じっとしていると虫が顔の周りでうるさい。

8時53分大日平山荘到着
到着後すぐに滝見台に向かうが、ごらんのとおり壊れていた。

振り返れば大辻山や
クリーンセンターが見えた。

大日岳山頂は雲の中

木道を歩く。
濡れているので滑りやすい。

ここで、小さな秋発見!

7時58分 牛の首到着
余裕の僕!

 何人もの人が通っている為、歩行は
問題なし!
 快調に登る長女!

土砂崩れ現場到着
思ったほど酷い状態では無いと思った。

猿ヶ場西方面の木に大きな
サルノコシカケ発見!

7時36分 猿ヶ場
少し休憩

元気に歩き始めた長女!
誰もいないので二人で大きな声で歌を
唄いながら歩いた。

歌はもちろんBIGIN

6時51分
遅い大日岳登山口

今日の服装決まってないかい?

土砂崩れの歩行規制看板
本来この時間帯は通行止め

6時40分
称名駐車場
うれしくて踊り始めた長女
この先つらい登りが始まるのに・・・・・

若いって良いね!