2012年 5月 5日(土)

大日岳山スキー

同伴者  大田雪舞幹事長  もっちゃさん


 7時20分  称名駐車場出発
 7時35分  称名道路よりとりつき
 8時58分  牛首
10時20分  大日平小屋付近
13時06分  大日岳山頂
13時30分  スキーで下山開始
14時00分  大日平小屋 昼食
14時20分  スキーで下山開始
15時09分  牛首
15時50分  称名道路
16時10分  称名駐車場


昨日の鍬崎山に続いて今日は大日岳へ登った。
昨年、五月連休にTAKIさん大田雪舞幹事長殿と山スキーで登ったものの、僕と幹事長は敗退、今日は
リベンジだった。
昨日の崎山の疲れから、今日の登頂は半分諦めていたが、昨夜の早めの就寝が良かったのか快調
に登る事ができた。
登っている間は、鍬崎山よりも楽に感じられた程だ。

今回の大日岳行きは、牛首の雪渓が石や倒木が多く、落石も頻繁だった。
そんな危ない状況下、無事大日岳に登頂でき、スキーで滑り降りれた事に感謝感激!



昨夜は早く寝すぎた為今朝4時前起床。
大日岳行き準備を朝になってからした。
あまりに早く起きた為早めに称名ゲートに向う。
当然僕は一番早かった。
7時のゲート開通まで40分も有る。



あまりに早すぎたのでルートカツラで一休み。
お茶を飲みながら時間をつぶす。
大田雪舞幹事長は予定時間の6時40分になっても現れない・・・・
心配になって電話で確認、こちらに向っていると聞いて一安心。



ガスっていた空も青空が見え始めた。


称名道路を歩く幹事長。
八郎坂登山口向かい方面からとりつく。



とりつきが結構しんどい。
コンクリートの壁をよじ登る幹事長。



八郎坂にかかる橋。



さあいよいよ山登り開始だ。
出だしはデブリ、歩きにくい。



今回初めて同行したもっちゃさん。
僕もヘルメットをしてくるべきだったと思った。



アイゼンは必要ない。



僕が落としたストックを拾っていただいた。



昨日登った鍬崎山。
鍬崎山の山頂は今思っても遠かった。



振り返る
ハンノキ滝



途中休憩。
汗がまぶしい幹事長



落石が頻繁に起こる
そのたび幹事長が大声で「ラァクゥ〜」と大声で叫び他の登山者に知らせた。



猿ヶ場から登山者の声



牛首手前でスキーを脱いで担ぐ



雑穀谷



長いスキーを担いで歩くのは危険だ。



細尾根を歩く。



牛首上部から又スキーを履いた。



小谷をスキーを履いて登る。



平に出た。
昨日登った鍬崎山



今から登る大日岳、待ってろよ!



振り返れば大辻山



大日平は一面真っ白



薬師岳は雲の中



大日平小屋を過ぎた辺り。
昨年よりかなり少ない雪。



途中振り返る。



つぼ足で登る幹事長の知り合いさんを追い越す。



昨年敗退したのは右に見える大岩付近



息が切れ休み休み登る。



新雪の雪がまぶしい。



雪質が良いのかシールが良く噛む、それほど苦にならない登りだった。



途中僕が先行、皆を抜き先を急いだ。



昨年敗退した場所はクリアー



そこから振り返る。



大日小屋が見えた。
もうすぐだ!



山頂直下、下山する男性に励まされた。



山頂付近で振り返る。



剣岳の頭が見えた。
山頂まで僅か。



右手には立山が、雲に隠れていた。



山頂には先行者。
風が強くかなり寒い。



山頂から見た剣岳。



毛勝三山



幹事長、もっちゃさんを待つ間記念撮影



遅れて幹事長登頂



やったね!



最後にもっちゃさん登頂




剣岳をバックに万歳!



ここまで登れたスキー K2と一緒に記念撮影



スキーで下山、ビデオ撮影する幹事長



山頂から滑り降りるもっちゃさん。



幹事長が滑った後を雪崩が・・・・



滑り降りた後は小さな雪崩、黒い帯状になって見える。



空の雲が早い



スキーを履くと水を得た魚になる幹事長



大日平小屋到着。



テラスをお借りして遅い昼食。



降りてきた大日岳を振り返る。



大日平小屋を出発する時は濃いガスがかかっていた。



登りも下山も同じ場所でこけたもっちゃさん。
外れたスキー板を取りに登っている。



牛首上部でスキーを脱ぎ担ぐ。



ここ近道なんだけど・・・と訳の分からない事を言う幹事長



長いスキーを担いでの下山は慎重に。



スキーを脱ぐとへっぴり腰になる幹事長



昨年僕はこの階段で買ったばかりのパンツにアイゼンで穴を開けた。
はしご場は特に慎重に・・・・・



牛首通過



ここから滑り降りる。
滑り降りると言うより滑り落ちるの方が当っている。



華麗に滑り降りる幹事長



アッという間に見えなくなる。



怖い牛首を無事下山。
称名道路に到着



下山後一気に喉が渇く。



やったぁ〜



今朝より水量が多いハンノキ滝



沢山の観光客。
僕らを不思議そうな目つきで見ていた。
大日岳登頂出来て良かったわぁ〜!!






バック   ミスタータイヤマン富山南店ホームへ