2012年 2月26日(日)


前大日岳 1.450メーツル地点敗退

同伴者   TAKIさん、スコットさん、F野さん、大阪から、いるかさん、I能さん


 6時16分   藤橋駐車場横ゲートより出発
 7時10分   七姫平 クムジュン
 7時54分   取水堰堤
10時13分   登山研修所前進基地
11時40分   1.420b地点
11時50分   下山開始
13時03分   藤橋ゲート到着



前大日岳は、奥大日岳から伸びる尾根が、中大日岳、大日岳、更に早乙女岳と高度を下げ標高1779mの前大日岳となる。
そして七姫山、大辻山、来拝山、千垣山、尖山とつながっている。
今日はTAKIさんにお願いして前大日岳を目指した。
山スキーに忘れ物は禁物、今回一番大事なビーコンを忘れてきた。
雪崩が起きないことを願いながら登る。
晴れ男の僕にしては今日は雪模様、時々激しく降るあいにくの天気だった。
藤橋から、七姫平を目指し喫茶クムジュン横から人津谷沿いの林道を登る。
昨日からの新雪で硬く締まった雪の上にふわふわパウダーが約15センチ〜50センチだった。
これが結構クセモノ、勾配がきつくなると表面の雪が雪崩のように崩れ中々登る事が出来ない。
初めて装着したスキーアイゼンクトーでも歯が立たなかった。
そして標高1.450m付近でこれ以上登るのは危険とTAKIさんが判断、下山となった。
今回、登山研究所前進基地に入ることができたし、今年最後になるだろう激ぱふを滑降することもできた。
前大日岳には辿り着く事が出来なかったが、、楽しみは来年に取っておく事にしよう。
本日の参加メンバー
TAKIさん、スコットさん、F野さん、大阪から、いるかさん、I能さん






藤橋横の駐車場が集合場所。
除雪車立山熊太郎がお出迎え




アルペンルート専用の為ロータリーサイドの安全カバーが無い




駐車場にはそれはそれはデカイ除雪ブルドーザーがありました。




さあ、いよいよ出発です。
ゲート前からスキーを履いたTAKIさん。
ゲート横を通過するのに一苦労!




駐車場横のゲートを越えスキーを履く。




道の両脇は雪の壁。




七姫平、クムジュン到着。




雪の壁は皆さんスキーを脱いで登ったが、僕といるかさんは雪の壁をそのままよじ登った。




人津谷沿いの林道を歩く




雪に埋もれたクムジュン




登山道は谷川になっている所が所々、スキーでは危ない個所が数か所あった。




北電取水堰堤




今日一番の難関、沢渡り



渡るのは恐る恐る。
この後勾配が急になり、TAKIさんのアドバイスで早めにスキーアイゼン、クトーを装着。
クトーを装着すると滑らず楽ちん!



登山研究所前進基地到着。




2階から入ろうとするが鍵がかかっていて中に入れない。




小屋の屋根雪、重たそう・・・・




中に入り休憩、軽く食事をとった。




前進基地を過ぎると急登の連続。
積雪50a程か。
トラバースすると表層の新雪が雪崩落ちる。




標高1.450m付近でこれ以上の登りは危険と判断。
登頂を諦めた。




シールを外し、滑る準備




下りの滑りは超楽しい!
フカフカの激ぱうだった。




最初からよく転ぶTAKIさん。
今日は今一調子が出ないみたい。




激ぱうを楽しみながら滑走する皆さん。
楽しいねぇ〜
登りは長く辛いが、滑走はあっという間に下山する。




誰かが落ちないか見守る沢渡り。




見た目以上に崩れ落ちそうで怖いのです。





またまた転んだ、今日はよく転びますね!
テレマークじゃないのによくこけていたTAKIさん!




昨夜はかなり呑んだそうで
二日酔いが原因か???・・・・・きっとそうです!




クムジュンからの帰りの道は長かった・・・・




ゲートに到着。




僕のサクシードは雪にスタック、皆さんに押してもらいようやく脱出
FF車のF野さん、果たして駐車場から無事脱出できただろうか?






バック   ミスタータイヤマン富山南店ホームへ