2012年 8月 2日(木) 3日(金)

奥穂高岳  3.190M

同伴者   TAKIさん


7月31日TAKIさんから急な奥穂高岳行きのお誘いがあった。
奥穂高岳は険しい山のイメージが有り、僕にはあまり縁がないと思っていた。
最初の案は、新穂高ロープウエーに乗り西穂高から奥穂高縦走の予定だったが、ネットで調べたらその恐ろしさに
僕には無理と判断、体力勝負の白出沢コースに変更してもらった。
山荘直下までは順調に登ったものの高度を稼ぐにつれ軽い高山病?の症状が出て辛かった。
其れでも翌朝のご来光と、目に入る山々のロケーションの素晴らしさには感動した。
天気に恵まれた最高の二日間でした。
こんな機会を与えていただき、TAKIさんありがとうございました。


 8月 2日(木)

 7時50分  新穂高ロープウエイ駐車場出発
 8時33分  穂高平
 9時11分  登山口
10時16分  重太郎橋 水場
11時20分  荷継小屋跡
14時40分  穂高小屋


 8月 3日(金)

 4時 2分  穂高小屋から奥穂高岳目指し出発
 4時37分  奥穂高岳山頂
 5時10分  下山開始
 5時39分  穂高小屋


 6時52分  下山開始
 7時52分  荷継小屋跡
 8時19分  重太郎橋 水場
 8時48分  登山口
 9時16分  穂高平
 9時55分  新穂高ロープウエイ駐車場


 7時50分新穂高ロープウエイ駐車場出発


白出沢出合まで車道(林道)が続く。
自転車も通行禁止。



沢沿いの木陰道で快適。



8時33分穂高平



穂高平山荘
の旗が目につく。



 9時11分登山口
長い林道を歩き、白出沢出合



この先には広場



樹林帯の登山道を進む。



広場で最初の休憩。



笠ヶ岳をバックに木陰で休憩、気持ち良い。



整備された登山道で歩きやすい。



沢沿いを歩く。



笠ヶ岳



沢は巨石が多い。



10時16分 鉱石沢(水場)重太郎橋、下山者が2名休んでいた。



ここから先は梯子を登り岩切道となる。



見上げればジャンダルム



記念撮影。



岩切道を歩くTAKIさん。



岩切道、写真で見ても怖いでしょう?



手を使わないと歩行困難。



初めて現れた雪渓。



鉱石沢を渡る。



青い空、白い雲に穂高連山。



先を急ぐTAKIさん
ついて行くのがやっと・・・



西穂の山々を見ながら登る。



11時20分荷継小屋跡
ここでしばらく休憩。



白出沢に入ろうとした途端ガスが出て来た。
好天の白井出沢登りは太陽の照り返しと暑さで辛いと聞いていた。
ガスが出て来たことで快適に登ることができる。



雪渓を渡る。
アイゼン、ピッケルは不要。



振り返れば結構急なガレ場



白出のコルを目指してガレ場を登る。
ガレ場の登りはマークが分かりにくく、登山道を何度も外れた。
登れど登れど小屋は遠し・・・・



雲の動きが早い。



ジャンダルムを横目で見ながら。



14時40分  穂高小屋到着



奥穂高方面



なんて所を登るんだ・・・が最初の感想。



涸沢、カラフルなテントが印象的。



亀谷ニアちゃんパパ。



山小屋から見える笠ヶ岳



小屋の裏から見えるジャンダルム



雲海



ガスがかかり期待した夕日が・・・残念!



夕日のシャッターチャンスを待つ人たち。



夕日が沈むたび消えて行くジャンダルム。



雲の間からの夕日。





 8月 3日


 4時02分、奥穂高岳を目指す。
真っ暗の中、ヘッデンの灯りを頼りに歩く。



真っ暗な中を歩くので、怖さも半減?



目指す北穂高岳



振り返れば空が白々と明るくなる中、槍ヶ岳。



立派な標識。



ジャンダルム


槍ヶ岳



山頂までもう少し。



急ぐTAKIさん



本日一番乗り!



富士山も見える。



山頂の祠



4時37分
僕が二番目で登頂
日本で三番目に高い山、奥穂高岳山頂。



山頂から見る景色は次から次へと変化していく。



ジャンダルムとお月様。



空がオレンジ色に変わっていく。



変わっていく山頂からの景色をどうぞ!



























 5時10分下山開始



正面涸沢岳、前穂高岳



小屋が真下に見える。


次から次へと登ってくる登山者。



下を見るだけでも怖い。



長い梯子を降りる。



写真を見るだけでも怖い。



梯子を登る人。



どうにか下山。



山を見ながら朝食。



小屋の前で記念撮影。



 6時52分下山開始。


ジャンダルムに別れを告げる。



急なガレ場を一気に駆け降りる。



7時52分荷継小屋跡



危ない岩切道を先に行くTAKIさん。



下りが怖かった。



鎖につながりながら慎重に降りた。



8時19分 鉱石沢(水場)重太郎橋。
ここで休憩、美味しい沢水を飲んで生き返る。



登る時気が付かなかった白出岩切道プレート。



 8時48分、登山道口。



 9時16分穂高平
山荘で良く冷えたトマトを購入。
1個200円もしたが美味しかった。



紅葉が始まっていたモミジ。



 9時55分駐車場無事到着。



帰りのお楽しみは温泉。



入浴料は寸志



この先が露天風呂。



風呂は良いのだが、洗い場が無い、残念!



F駐車場でお別れ
TAKIさん、ありがとうございました。






バック   ミスタータイヤマン富山南店ホームへ