2013年 2月10日(日)

片折岳(1346m)

同伴者  TAKIさん  のぞみーるさん


 9時00分  利賀スキー場P出発
11時00分  片折岳山頂
11時30分  下山開始
12時15分  利賀スキー場到着


今日は、和佐府ゼッコ雪洞泊宴会計画だったが2,3日前から風邪がお腹に入り体調不良。
参加予定の久住さんも突然の用事で不参加となり、和佐府ゼッコ雪洞宿泊から手短な日帰りパウダー山スキーに変更となった。
不安な風邪は一晩寝れば治るかも・・・の期待外れで、朝起きるとやはりお腹の調子が余り良くない。
お腹の薬「赤玉」を呑んで利賀スキー場へ向かった。
先に来ていたTAKIさんとスキーセンターで落ち会う。
今日はTAKIさんの誕生日、雪洞で乾杯の予定だったシャンパンと明見からのバレンタインチョコを手渡した。
おくれる事少々、のぞみーるさんが到着、早速山スキーの準備にかかる。
ところがのぞみーるさんのシールがスキー板にくっつかない。
粘着シーツが剥離してくっつかないのだ。
スキーバンドで応急処置して不安ながら登ることになった。
途中、スキー板とシールの間に雪が溜まり僕のスキーバンドで3点締め、これで何とか登ることが出来た。
山頂からのスキー下山はあっと言う間。
パウダースノーを存分に楽しむことが出来、満足でした。


TAKIさん提供



息遣いが気になりますが



本日のコース




八尾から利賀を目指した。
利賀そば祭り開催の為、除雪は完璧でした。




スキーセンターでTAKIさんと落ち会う。
今日はTAKIさんの5?回目の誕生日、僕もあと三カ月で追いつく。
雪洞宴会で呑むはずのシャンパンと明見からのバレンタインチョコを手渡す。
TAKIさん、誕生日おめでとうございます。




少し遅れてのぞみーるさん到着。
スキーにシールを貼り準備中。
ところがシールにトラブル発生、板にくっつかない。
スキーバンドで応急処置をして不安ながら登ることになった。




がに股で出発を待つ僕。




スキー場従業員駐車場横から取り付く。




駐車場には太田雪舞幹事長の車が。
先に登っている様だ。




取り付き直後からかなりの急登。




前日のトレースを利用しているので超楽ちんな登りです。




尾根を歩く。




TAKIさん提供




スキー板とシールの間に雪が溜まり歩きにくそう。




溜まった雪を取り除くのぞみーるさん。
これじゃ歩くのも大変だぁ〜




僕のスキーバンドをお貸しする。




何とか歩けるようになって良かった。




青空が覗く。




利賀スキー場




雪庇




山頂に近づくに連れ青空が・・・・




利賀スキー場を背中に




ここの景色は印象に残る。




スキー場駐車場を見下ろす。




もうすぐ山頂。




この先が広い山頂。




山頂到着、この山の名前は?




金剛堂山。




山スキーの準備をしましょうか。




やる気満々の僕。




本格的スキーヤーののぞみーるさん




さて、滑り降りますか。




最初にTAKIさん。




続いてのぞみーるさん。




コースを確認しながら下山。




パウダーを楽しみながら下山です。




以前TAKIさんはこの橋から落っこちたのだとか。




慎重に渡りました。




僕の渡る姿を見て怖そうと言いながらすんなり通過するのぞみーるさん。




長い林道を歩く。




スキー場到着。




今日も楽しい山スキーでした。
最後に握手を交わし解散。




利賀そば祭り会場。




盛況の様でした。




そば祭り会場内




応援の自衛隊か?




氷っていた室牧ダム







バック   ミスタータイヤマン富山南店ホームへ