2013年 4月28日(日)

中大日岳諦め大日平 牛首滑走


同伴者   TAKIさん  もっちゃさん   太田雪舞幹事長


 7時50分     桂台ゲート開門
 8時10分     称名駐車場から出発
 8時35分     八郎坂登山口向かいから取り付く。
 9時55分     牛首
11時11分     大日平山荘 不動の滝を見ながら昼食
12時20分     下山
12時40分     牛首
13時00分     称名道路
13位47分     称名駐車場


大田雪舞幹事長からお誘いがあった立山川滑走は中大日岳に変更。
しかし前日の降雪は、ネットで調べると一時称名遊歩道は通行止めとなっていた。
不安ながら桂台ゲート目指す途中、アルペン村前の道路情報によると称名道路は通行止めとなっている。
尚不安になるが、桂台を目指すことにする。
桂台ゲート前には警備員が居たので聞いてみると、路面凍結で開門が遅れるとの説明。
8時近くになってようやくゲートが開いた。
称名駐車場は除雪の雪が道路脇にかなり残っている。
新雪が降ったので冬景色に逆戻りしていた。
そして例年よりかなり多い雪に期待大、中大日山頂とまではいかなくても2.000メーター越えはしたいとやる気満々。
天気にも恵まれ最高のコンデション、例年より多い雪と新雪のおかげで牛首雪渓を初めてスキーを履いて登ることが
出来た。
順調に大日平まで来たところで、皆さんここで大満足?
ここから先は行く気が無いみたい・・・・
不動の瀧を見ながら昼食をとり下山となった。
牛首雪渓滑走は重い雪で悪戦苦闘、何度も転倒しながら滑り降りた。
山頂を目指すと言っていた大沢野軍団松田さん達も早い下山。
聞けば、雪のコンデションが悪く雪崩の危険が大、危ないと判断して途中断念したと聞いた。
大日平小屋で引き替えしたのは正解だったのだ。
もう少し登りたいと言う気持ちは残ったものの春山スキー第一弾としては満足でき楽しかった。
もう一度連休中に大日岳を目指してみようと思う。



 6時30分
中大日岳山スキー待ち合わせ場所は僕の自宅
BONNと遊ぶTAKIさん




すぐに幹事長ともっちゃさん到着。
桂台のゲートが心配だ・・・・




案の定、ゲート開門は遊歩道凍結の為遅れると言う。
何時開くのか心配した。




ゲートが開くまで辺りを散策
ドライブイン剣の裏にはワサビ畑と水芭蕉




だんだんと車の列が出来て来た。




7時50分
ゲート開門。




称名駐車場で大沢野軍団とバッタリ。




さあ、中大日目指して出発だ。
ヘルメットは余計だった・・・・




道路脇には除雪の雪。




称名遊歩道を歩く
なんとなくかっこ良い!




綺麗だ!
今年は雪が多いと感じる。




8時35分
八郎坂登山口前から取り付く。
最初の難関小堰堤乗り越え。




小さな堰堤を乗り越えればそこからはスキーを履いて登る。
牛首雪渓をスキーで登るのは今回が初めてだ。




小堰堤ではアイゼンをデポ。
この雪質ではアイゼンは必要ないと判断。




小谷を登って行く。
幹事長が先頭、歩くのが早い。
ついて行けなかった。




ここを抜けると開ける。




一番最後を歩く僕は滑って転んでばかり。
トレースを使うのは止めラッセルすることに。
踏み固まったトレースはシールが効かず滑るのだ。




見下ろせば大沢野軍団。



トレースを外すなら先頭を登れと皆さんおっしゃる。
僕が先頭で登る。
付いてくる、もっちゃさん、TAKIさん、幹事長




青い空と雪
牛首を目指す。




日差しが強くなり日焼けが心配
日焼け止めクリームを塗るため休憩する。




休憩にはやはりこれ




山では何よりもコカコーラ!




追い越して行った大沢野軍団。




9時55分
牛首到着。
牛首が雪で埋まっているのを初めて見た。




牛首は難所だ。




何とか突破。
再びスキーを履いて大日岳を目指す。




小谷を登る。




白樺と青い空と白い雪。




僕がずっと先頭を歩く。




目立つ幹事長のバックパック




日差しがつよい。




綺麗だ!綺麗だ!連呼のTAKIさん。
何時みてもカメラを手にしていた。




大日平を歩く。




大沢野軍団に追いつく。




雲の切れ間から中大日岳が顔を見せた。




氷りついたハイマツ




アップで




11時11分
大日平小屋到着。
大沢野軍団は山頂を目指すと言って先へ急いだ。




不動の瀧を見に行く。




不動の滝に見とれる。




不動の滝




滝を見ながら昼食タイム




景色が良いと食事も美味しい。




僕は天ぷらわかめうどん。




表彰式・・・?




時々顔を、見せる中大日岳。
大日岳は今回見ることが出来なかった。




綺麗だ!




鍬崎山 。






50代男揃い踏み。
さあ、下山開始です。




大日平ですれ違った、スノーシューを履いた登山者。
大日平山荘まで向かうそうだ。




いよいよここから滑り出す。




牛首目指してトラバース。




難所、牛首。




慎重に後ろ向きで降りるもっちゃさん。




慎重に降りたハシゴ場。




さあ、いよいよ牛首雪渓滑走です。








デブリランドの斜面。
雪が重い。



スキーの先生もっちゃさんの滑り。




ご機嫌のTAKIさん。




何度も転んだ僕。




もうすぐ称名道路。




無事称名道路到着。




称名滝をバックに。




男4人で記念撮影




13時47分
称名駐車場




大沢野軍団も無事下山。




自宅に帰って
立山連峰が綺麗だ。
こんなロケーションを見ながら次回はBBQしたいな!





バック   ミスタータイヤマン富山南店ホームへ