2013年 1月13日(日)

日照岳(1.751m) おいしいところから山スキー

同伴者  TAKIさん 松さん


 6時45分   R156御母衣ダム湖畔から出発
 9時37分   標高約1.500M これより先はスキーでは面白みがない。
10時00分   山スキーで下山開始
10時40分   R156御母衣ダム湖畔到着


靴擦を心配しながら今日は日照岳。
白川郷道の駅に6時集合、TAKIさんの車に便乗して御母衣ダム湖畔日照岳取り付に向かった。
R156御母衣湖畔取り付の道路は丁度車4.5台が止れる幅員があり便利だ。
今日はあえて山頂は目指さず、美味しいところを滑る計画。
1.500Mのピークから上は藪が多くスキーで山頂を目指しても意味が無い。
晴天の空の下、今日は思いっきり山スキーを楽しむことにした。
最初は元気に登っていた僕だが、途中から靴擦れの傷みが出て来た。
先頭を登る松さんの早い事、ついて行けず僕は終始遅れ気味。
それでも何とか1.500Mに到着。
軽い食事をして山スキーを楽しみながら下山。
山スキーは楽しいなぁ〜





日照岳山スキー1



日照岳山スキー2



日照岳山スキー3





R156御母衣ダム湖畔に車を止めた。
幅員が広く駐車スペースは5.6台ある。




さて山登り始めますか。




道路すぐ脇からスキーを履ける。




最初は林道沿いに登って行く。




何やら不思議なものが
写真を撮るTAKIさん。





それがこれ
木が金属のプレートを呑みこんでいた。
赤い舌べらの様?




最初は元気だった僕が先頭
ジグをきるTAKIさん。




お日様が山を照らし赤く焼けていた。




ご来光!




息を切らしながら登る僕。




楽しいねぇ〜を連呼しながら登るTAKIおやじさん




振り返れば御母衣ダム




途中休憩
山スキーにはコーラが旨い!




TAKIおやじさんはペプシコーラ




松さんはホットレモン




楽しくて良い顔してますねぇ〜




細尾根を登って行きます。




靴擦れが・・・・それでも元気にしてました。




元気な松さん、瀧さん。




これは一本の木だろうか?




下の方の幹が分かれている不思議な木




日照岳山頂か
山頂はまだずっと先でした。




上着を脱ぎ歩く松さん。




もうすぐ1.500Mのピークだ。




1.500M地点到着。




喜びポーズする瀧さん。





かなり遅れて僕が到着。
靴擦れが痛い・・・・




松さんに記念撮影してもらった




先ずはコカコーラ
旨い!




瀧さんはペプシコーラ一気飲み。




軽い食事をとる。
コーヒーをいれようかと意見があったが、面倒くさいので止める。




先ずは瀧さんが先陣を切って滑り降りる。




結構急な斜面です。




恐る恐る滑り降りる僕。




危なっかしいねぇ〜




テレマークの松さん。




こけた松さん。




こけても楽しいねぇ〜




あっと言う間に下山。




何時ものポーズで




楽しかったねぇ〜ストレス発散できました。




最後に松さん。
到着と同時にまたまたこけた。




お疲れ様でした。






バック   ミスタータイヤマン富山南店ホームへ