2013年 1月27日(日)

片折岳(1346m)

同伴者  TAKIさん 大田雪舞幹事長 もっちゃさん やまやまおさん 帳山さん


 7時25分    利賀スキー場P
10時10分    片折岳山頂 スキーで下山
11時25分    夏道出会いより登り返し
12時15分    夏道尾根到着 スキーで下山
12時53分    利賀スキー場P


妙高三田原山山スキー計画の今日は強烈な寒波到来、こんな時は地元の安全な山行きに変更となった。
無理して向っても高速道路の渋滞、いやいやマヒが予想される。
スキー場のリフトも運行されるか分からない。

朝5時起床、急いで利賀村へ向かった。
前回、高速道路を使用しても2時間もかかってしまった。
今回は音川線を利用して砺波に抜け利賀を目指した。
道路はバリバリのアイスバーン、それでも1時間半ほどで到着。
利賀へ向かうには高速道路を使用するのは今後止めることにしよう!

スキー場Pから取り付く雪は深くラッセルは辛い。
やまお君が最初のラッセル。
いきなりの急登も力強いラッセルでどんどん進む。
付いて行くのもやっとの早さだ。
毎回だが彼の並外れた脚力に驚かされた。
続いて雪舞幹事長のラッセル、片折岳周辺は彼のホームだけあって、これまた早い。
今回の山スキー総監督の意地の見せ所と言ったところか?
僕にラッセルの順番が回ってきたが、このメンバーでは年寄組、若いメンバーの為に早々にラッセル交代。
楽して難なく山頂に到着することが出来た。

下山のスキーはフカフカのパウダーが楽しくて楽しくて・・・・
山スキー、これを味わったら止めれませんねっ!











バリバリに凍った道、雪が激しく降りしきる中利賀スキー場に車を走らせた。



利賀スキー場P、地元の幹事長、もっちゃさんが少しだけ遅刻!



準備完了!



スキー場P脇から取り付く。
金剛堂山目指して出発!



先頭はやまお君。
彼の先頭ラッセルは凄すぎる。



帳さん、TAKIさん、もっちゃさんが後に続く。



登り始めると、また雪が降り出した。











尾根に出た。
尾根沿いには針葉樹が道案内。



天気が回復か?
青空も見え始めた。



稜線は風が強く雪が積もりにくい。
随分と歩きやすくなる。



雪を抱え込んだミズナラ



スノーバレー利賀スキー場。
今年で営業取りやめとか・・・・淋しいねぇ〜



稜線上でも所々急登混じり。



稜線歩きは楽で楽しい。
あっかんべぇ〜のTAKIおやじ















尾根沿い。



凍りつく木の枝。



猫の目のような天気。



雪を抱きかかえたミズナラ。



片折岳山頂到着
金剛堂山行きは中止とした。
アップダウンが多くスキーでは楽しくないからだ。



シールを剥し、滑り降りる準備完了!



その間幹事長はずぅ〜とビデオ撮影中。



パフパフのパウダーの中を滑り降りる。
最高に気持ちが良いのだ。



腰まで沈んでいる。



皆の滑りをビデオに撮る幹事長。



滑り降りる順番を待つ。
幹事長!かっこ良く撮ってねっ!



滑りやすい斜面。



もっちゃさんが転んで中々降りてこない。
その間やまお君が新雪を掘り始めた。



掘っても掘っても雪の層は変わらない。



掘り起こし完了。



ここ最近で1.5Mの積雪。
良く降ったものですねぇ〜



約15分、見上げてももっちゃサンの姿がまだ見えない。



こけて中々起き上がれず20分ほど遅れて滑ってきたもっちゃサン!



これより夏道を登り返し。
シールを貼る準備。



約50分夏道を登りかえす。



登り返しのラッセルはキツイ!僕はほんの10分ほどで勘弁してもらった。



ここで登り返し終了。
シールを外して最後の激パフを楽しむ。



途中静寂の山でシャッター音が一斉になり出した。



その先には転んだTAKIさんの姿があった。(笑)



アッと言う間に下山、P手前は雪の山
これを越さないと帰れないと勘違い。
右わきから難なく帰れた。



無事Pにに到着。
全員と握手を交わし解散。



帰りは青空が覗いた。
利賀村から八尾を通り帰ることにした。
除雪状態も良く1時間かからず帰宅。







バック   ミスタータイヤマン富山南店ホームへ