2013年 5月 4日(土)


北ノ又岳  標高2.662b  岐阜県飛騨市 


同伴者      TAKIさん 太田雪舞幹事長 やまやまおさん もっちゃさん



連休二日目は北ノ又岳へ。
朝、1時起床、1時40分幹事長たちの待つ神通第二ダム駐車場へ向かった。
和佐府から4時過ぎ出発、何分寝不足、そして昨日の鍬崎山の疲れが気になったが何とかなるだろう。
まだ暗い中をヘッデンを点けスタート。
そんな心配の中、皆さん張り切りすぎて早い、僕は付いて行けなかった。
しかも途中で見失いコースアウト、迷ってしまいルートに戻るのに一苦労した。
もしももっちゃさんに会わなければ迷子になっていたかもしれない・・・・
もっちゃさんに連れられて北ノ又岳を目指した。
歩き始めて約7時間、強風が吹く寒い山頂に何とか登頂。
余りの寒さにもっちゃさんの記念写真を撮って早々に下山した。
今回の北ノ又岳、山スキーで行くのは楽しい。
五月連休恒例の山候補としたい。



本日のコースタイム

 1時40分    自宅出発
 2時20分    神通第二ダム合流出発
 3時55分    岐阜県和佐府、道路に駐車
 4時05分    登山口目指し出発。
 4時34分    飛越トンネル前登山口
 4時53分    送電線下でスキー装着
 7時45分    寺地山、北の又鞍部(避難小屋近く)
10時13分    北の又山頂
11時15分    寺地山、北の又鞍部(避難小屋近く)ここで食事約20分
13時15分    飛越トンネル前登山口
13時41分    車に到着
15時35分    神通第二ダム
16時00分    自宅到着


本日のコース




3時55分和佐府道路に駐車
沢山の車が止まっていた。




山スキー準備中




 4時 7分登山口目指して出発。




暗い雪道、ヘッデンを点けて歩いた。




 4時34分
飛越トンネル前登山口。




夏道とは反対側から取り付く。




いきなりの急登。




やっと明るくなった。




送電線下でスキー装着。




沢山のトレース。




トレースを頼りに進んだらルートを間違えて迷子になりかけた。




おぉ〜い、おぉ〜い、を連呼。
遅れて来たもっちゃさんを見つけた。
あぁ〜迷子にならなくて良かったわ!




針葉樹の尾根道。
アップダウンが多い。




寺地山を過ぎると北ノ又岳が見えた。




7時45分
寺地山、北の又の鞍部。
右側に避難小屋が在るはずだが雪で埋もれて見えなかった。




仕事に戻るためTAKIさんが滑り降りて来た。




カリカリの雪面です。




ここでTAKIさんとお別れ。




ここからは長い長い登り。
クトー装着。




昨日登った鍬崎山。




行動食を食べて元気づける。




空行きが怪しい・・・・・




遠くに有峰湖




稜線に出た所で下山中のやまおさんと出会う。
山頂は寒くて寒くて真冬の世界だそうだ。




寒さにゃ勝てん
僕らを待っていてくれたが、我慢ならんと言い残し下山する幹事長。




山頂には沢山の若者がいた。




景色を見ている余裕などなかった。
早く記念撮影して下山したい。
シャツ一枚に、ライトジェルだけでは凍えそう。
寒くてたまらん




近くの若者に頼んで記念撮影。




何時ものポーズ。




もっちゃさんの機縁撮影を済ませ、さっさと下山。




斜面で待っていてくれたやまおさんと幹事長に合流。




遅れてもっちゃさんと合流。




カメラを向けるとポーズをとる幹事長。




ご機嫌なもっちゃさん。




鞍部で食事。
やまおさんにいただいた鱒のすしが絶品でした。




登り返しや大嫌いです。(笑)




今日一番元気だったやまおさん。
若いって良いねぇ〜




次に元気だった幹事長。




なるべく登らない様にトラバースしながら滑り降りた。




印象に残った木




人間GPS
道案内の名人幹事長




登山口手前の急斜面。
最後の難関でした。




登山口手前
最後の斜面は狭くて怖かった。




13時15分
ふぅ〜
やっと登山口到着。




皆で記念撮影!




長い林道を滑り下りる。
雪が切れている度スキーを履いたり外したり。




皆さん早い。
置いて行かれてしまった。




13時41分
車に到着、急いでお片付け。




スキーを載せる幹事長。




道路脇には沢山の車。
そのほとんどが遠くからやって来た県外ナンバー。



途中山の村名物ソフトクリームを楽しんだ。




喉を潤して、さあ帰るだけだ。




15時35分    
神通第二ダム到着
皆さん、お疲れ様でした。





バック   ミスタータイヤマン富山南店ホームへ