2013年 5月 3日(金)

鍬崎山 標高2.090メートル 旧大山町


同伴者   okuさん、マッキーさん、オールドルーキーさん、TAKASAKIさん、田口さん、山本さん


5:44 あわすのスキー場 600m
6:08 山歩き開始
7:03 貯水池 1000m
8:00 大品山 1404m
9:38 クサリ場 1720m
10:57 鍬崎山頂上 2089m
11:58 下山開始
12:34 クサリ場
13:14 大品山
13:57 貯水池
14:36 駐車場

待ちに待ったゴールデンウイーク。
初日には昨年同様鍬崎山と決めていた。
昨年は、雨に祟られあまり楽しい記憶が無いが、今日は積雪もあり天気も良さそう。
期待を持ってロッジ「わが家」前を歩き始めた。
スキー場のゲレンデを一気に登り、貯水池からの取り付き一気に大品山山頂に登った。
鍬崎山尾根を歩くと先行者のトレースを利用させていただく。
すぐにゴンドラで登ってきた先行者に追いついた。
空の雲の動きが早く、少しばかり心配したが、山頂では今まで見た事のない綺麗な景色に感動した。
来年も登りたい鍬崎山でした。

本日のコース粟巣野スキー場ゲレンデから鍬崎山 
データーはokuさんから拝借





粟巣野スキー場駐車場で山歩き準備。
上の方のロッジわが家前では、TAKASAKIさんとオールドルーキーさんが待っていた。




ロッジ「わが家」前で皆で記念撮影。
okuさんより拝借。




天気にも恵まれ最高の出だし。
6:08 山歩き開始




標高800M位では積雪。




ゲレンデを直登する。




ゲレンデ最上部。




貯水池に向かう作業道。
かなりの積雪量だ。
昨年捕れた山菜は積雪が多くてまだ当分先の様だ。




貯水池
積雪で綺麗だ。
7:03 貯水池 1000m




大品山に」取り付く。




青い空とブナ林。




瀬戸倉山方面。




立山が綺麗だ。
称名滝も見えた。




余りの絶景にカメラが離せない皆さん。




大品山山頂、今日初めての休憩。
山での休憩はやはりこれ、スカッとさわやか(笑)
8:00 大品山 1404m




鍬崎を眺めながら休憩する皆さん。




目指す鍬崎山山頂が、ちょこっと顔を見せている。




山頂が分かるかな?




大品山から鍬崎山鞍部へと下りる。




草崎山へ続く尾根ルート。




大品山を振り返る。




大辻山、七姫山方面。




氷りついた枝と青空。




振り返った大品山。




つぼ足で登る皆さん。




朝一のゴンドラで来た先行者。




雲行きが怪しい・・・・・




鎖場、こんなに雪が有るとは想像もしていなかった。
9:38 クサリ場 1720m




鎖場を恐る恐るわたる山本さん。




ガスで視界不良に。




樹木に積もった積雪がなんとも綺麗!




早い雲




山頂が見えた。




ご機嫌なokuさん。




先行者のトレース利用で登り楽ちん。




雪庇。




雲の流れが速い。




黙々と山頂めざし歩く皆さん。




強い風、舞い上がる雪。




山頂到着。
絶景、薬師岳。
10:57 鍬崎山頂上 2089m




明日登る予定の北ノ又岳




鍬崎山山頂の皆さん、ご苦労様でした。




先ずは食事の準備。




山頂までカレーを持って来たのは山本さん。




山頂で記念撮影。
何かカッコいいねぇ〜(笑)




有峰湖




有峰に続く稜線につぼ足の足跡が続いていた。
何処へ向かうのだろうか?




登ってきた稜線。
11:58 下山開始




白い樹氷。
枯れ木に咲いた花みたい。




下山する細尾根。




鍬崎山登山はアップダウンが非常に多い。




危ない鎖場。
12:34 クサリ場




慎重に下りる山本さん。




見ている方は冷や冷やでした。




皆さんも気を付けて。




登るのに苦労した急斜面。




大品山鞍部へ向かう。




13:14 大品山




山頂で休憩しましょう!




お茶の用意をするokuさん。




大品山下山開始。
元気な山本さんは駆け降りて行った。



13:57 貯水池
貯水池付近の登山道は超危険。
ゆっくりと気を付けながら下りた。




ゲレンデを駆け降りる。




ゲレンデを下りる皆さん。




ゲレンデにあった四輪バギー




14:36 駐車場
ロッジわが家到着。




帰りに家族旅行村へ立ち寄った。








バック   ミスタータイヤマン富山南店ホームへ