2013年 5月 5日(日)

高頭山  高頭山1210m


同伴者    komaさん他総勢7人 BONN


僕が生まれ4歳まで過ごした旧大山町小原村。
そんな小原村にある高頭山。
BONNとkomaさん率いる女性たち総勢7名で山菜採りを兼ねて登ってきた。
写真はNGの要請があり、今回は同伴者の写真は会えて撮る事をしなかった。

高頭山登山道は河内発電所手前にある。
発電所の導水管を使うと一気に高度を稼ぐことが出来るので、登り出しは導水管脇の階段を使う事にした。

重い荷物のkomaさんはどうしても登るのが遅くなる。
途中重い荷物を気遣って、僕が水とバーナーを背負ってあげた。
山菜を探しながら登る高頭山はゆっくりと登るので時間は参考とならない。
今回はコースタイムは公表しないでおくことにした。



高頭山登山口。
ここからは登らず発電所導水管を利用する。



この奥が発電所。




いきなり急登の導水管脇階段。




元気に階段を登るBONN




途中から林道へ移動。




登ってきた導水管




杉の植林帯を登って行く。




彼方此方にある登山道看板。




すぐに導水管に合流。




奥が目指す高頭山




スス竹




カーブする導水管。




沢山生っていたタラの芽。




導水管を過ぎると水平道。




雪を見つけて喜ぶBONN




変わった穴の開いた木。




猿のコシカケ?




休憩にもってこいの切り株。




倒壊した観測小屋。




ブナの植林帯の尾根を歩く。




登山道に残雪が多くなってきた。




最初のピークを目指す。







高頭山手前のピーク。



尾根沿いを歩いて高頭山へ。




細尾根。




高頭山が見えた。




高頭山山頂。




今日の昼飯はお結びとマルちゃん製麺。




山頂標識。




機縁撮影。




山頂でまったりするBONN。




リードを外すと嬉しくて駆け回るBONN。




下山開始。




同伴者が気になるBONN。




沢山咲いていたタムシバ




穴の開いた木。




採らなかったが沢山あったゼンマイ。




コシアブラ。




無事下山。
楽しかったと言いたそうなBONN .




帰りに立ち寄った、播隆上人の生誕地




立派な石碑だ。




熊野川ダムから見た高頭山。





バック   ミスタータイヤマン富山南店ホームへ