2014年 2月 9日(日)

片折岳(1346m)

同伴者      周戸さん  筏井さん  平松さん  大瀧さん


コースタイム
 7時15分    スノバレー駐車場より出発
 8時30分    尾根
 9時46分    片折岳山頂
10時04分    下山開始
11時26分    栃谷登山口橋
12時08分    駐車場着



本日のコース



片折岳山スキー前日の昨日は、同級生の新年会。
呑みすぎに注意して出席したものの案の定、帰宅したのが11時頃だった。
山スキー前日の飲酒は山スキーには堪えた。
出発時点では元気だったが、取り付き辺りから息切れ。
アルコールが残っているのか?とても先頭ラッセルなどできない状態。
しばらくは後をついて行くのも辛かった。
取り付きの急登を乗り切り尾根に到着する辺りから調子が出て来た。
しばらく先頭ラッセルを楽しむ。
途中岐阜から見えた山スキーパーティと合流。
岐阜の皆さんが頑張っていただいたおかげでラッセルは殆ど無しに難なく山頂へ到着。
山頂からお楽しみの下山スキー滑降は思った以上に雪が重い。
一度スキーが埋まると脱出するのが一苦労。
滑っている時間よりも転んでもがいている時間の方が長いくらいだった。
そして、帰りの栃谷登山口の橋を渡るのが本当に怖かった。
渡る順番が来ても、恐ろしくて渡れない・・・・
結局先を譲って、一番最後に渡る前に橋の除雪を試みた。
しかし凍った雪は硬く、除雪をしていても落ちそうになる。
仕方なく諦め恐る恐る渡る事にしたが、次回片折岳に来ることがあっても今回のコースは御免だ。
二度と渡りたくない橋であった。
今日も一日思いっきり遊んで気分最高!
日頃のストレスも吹っ飛んだ一日だった。



スノーバレー駐車場に皆さん集合。





今日登る片折岳方向。





久しぶり山スキーの筏井さん。





7時15分 出発





対岸には別のパーティ





先頭ラッセルはご覧の膝ラッセル。





取り付はいきなり急登。





前日のトレース脇を登る。
多分このトレースは、スノーシューで登った奥久光さん御家族のものだろう?





登った斜面を振り返る。





迷彩色の木が多い。
大瀧さんに百日紅の木だと教えて頂いた。





閉鎖されたスノーバレー利賀スキー場。
淋しいねぇ〜





駐車場方面を眼下に。





何度も折れたのだろう。
痛々しい百日紅の木。





8時30分尾根





尾根沿いから先頭を僕がラッセル。





尾根沿いのブナの巨木。





ネコヤナギの芽





雪の結晶





見応えがある。





片折岳はブナの巨木が多い。




チクチク雪の結晶。





綺麗でしょう?





結晶。





後ろから岐阜のパーティが追ってきた。





一瞬青空
この先の天気に期待!!





杉の植林帯脇に登るメンバー。





谷沿いを登る岐阜のパーティ。





登りやすい杉の植林帯へ





途中から岐阜のパーティと合流。
岐阜の皆さんのおかげでラッセルはこの先無、ありがたかった。





凍てつく景色。





後ろを付いて行くのは楽ちん!





9時46分
難なく片折岳山頂





看板がかかっていた。





山頂でいきなり転ぶ平松さん。
受けを狙って転んだのか?





転んでも笑顔。
やはり受け狙いの様だ(笑)





山頂では髪の毛も凍りついていた。





山頂での儀式。
山ではやっぱりコカコーラ!





皆さん滑走下山準備完了。





10時04分
大瀧さんを先頭に滑降下山開始。





筏井さん、久しぶりの滑降。





楽しそうですねぇ〜





雪が深くてスピードが出ないんです。





平松さんと僕。





転んだ皆さんを待ってます。





久しぶりのスキーで足が攣って転んだ筏井さん。





皆さん元気です。





可愛い平松さん。





雪山ツエルト活用方を講習中。
怪しい事している訳ではありません。





意外と温かくて思わず笑顔(笑)





転んでスキーが埋まり脱出できない周戸さん。





あちらこちらで転倒。
脱出に悪戦苦闘している皆さん。





振り返れば片折岳。





杉の植林帯が栃谷登山口への目印。





細尾根を滑降。





最後にトレースを利用して滑る人はスピード出過ぎに注意!





下山は楽し!





華麗に滑り降りる周戸さん。





テレマークの平松さんの滑り。





11時26分
栃谷登山口の橋。





大瀧さんもお落ちそうになってました。
危ない危ない・・・・・





渡る順番がきたが、怖くて渡れず先を譲る僕。





スコップで渡りやすいように除雪中。
除雪中にも落っこちそうになりました。





怖くて怖くてたまらない谷渡り。
この後、無事渡りきる事が出来ました。(良かった良かった)





帰りの林道カーブミラーで。





長い林道を過ぎれば駐車場だ。





僕の後ろについてきた周戸さん
ご機嫌です!





今日も一日楽しかったですねぇ〜
皆さん、お疲れ様でした。
又遊びましょう!





バック   ミスタータイヤマン富山南店ホームへ