2014年 1月29日(水)


前大日岳 1.779M   富山県立山町  



同伴者      大瀧さん  竹田さん

コースタイム
 6時40分    藤橋付近から出発
 7時21分    クムジュン林道取り付
 8時17分    取水堤   
10時35分    登山研究所前進基地
11時45分    雪見平
12時27分    前大日岳山頂
12時55分    下山開始
13時23分    登山研究所前進基地
13時56分    取水堤
14時06分    クムジュン
14時17分    到着




人津谷から登る前大日岳、一昨年敗退した無念を晴らす事が出来た。
出発地、藤橋周辺の気温はマイナス5℃、それほど寒さは感じないが指先だけが冷たく感じる。
立山道は大型除雪車、熊太郎が綺麗に道を空けてあり、スキーを担いで歩き出す。
林道取り付クムジュンに到着する頃には体も程よく温たまり体調万全。
長い林道のほとんどを僕がラッセルした。
取水堤を過ぎ杉の植林帯を過ぎた辺りから日が射し気持ちが良い。
振り返った山々の素晴らしさに登ることが全く苦にならなかった。
雪見平に到着すると立山、薬師、毛勝三山、大辻山、遠くは能登半島や白山と素晴らしいロケーションに酔いしれた。
天候に恵まれた山歩きは時間が経つのも忘れるほどだ。
下山のスキーは楽しいの一言、パフパフパウダーを存分に楽しみ下山した。
次回人津谷から登る機会があれば、もう少し早い時間に出発して早乙女岳迄目指したいと思う。
前大日から見える早乙女岳、大日岳はすぐ其処に感じられたからだ。
今回の前大日岳は天候に恵まれ一生忘れることが出来ない山行きとなった。
同伴していただいた大瀧さん、竹田さんに感謝!




本日のコース





立山千寿ヶ原、藤橋周辺に車を駐車
立山道路には大型除雪車熊太郎が道を塞いでいた。





6時40分スキーを担いで出発





綺麗に除雪された立山道路。





道路には獣の足跡が無数にあった。





7時21分
クムジュン到着





これより人津谷沿いに林道歩き
道路脇の雪壁をよじ登った。





これよりスキーを履いて歩く。





山の上部に朝日射す。





林道崩壊地
慎重に沢渡。





振り返ればアルペンルート





立山山麓スキー場とウェルサンピア立山





林道はほとんど僕がラッセル。
後から続く二人は体重が重すぎて2番手3番手でもラッセル(笑)





堰堤が続く人津谷。





8時17分
取水堤





取水堤上部の沢渡。
雪が少なく谷は埋まってなかった。
帰りに僕は雪が崩れ落っこちた。





沢を渡ると杉の植林帯を歩く。





長くて遠い杉の植林帯を歩く。





やっと植林帯を抜け出す。
山の斜面に日が当たり綺麗だ。





9時39分休憩。
クトーを装着する大瀧さん。





スキークトー。





青い空と白樺、ブナ
沢沿いは、痩せた細い木が多かった。





谷沿いをどんどん登る。





先は遠いが好天で気分はルンルン。





振り返ったロケーションが最高!
遠くは白山まですっきりと見渡せた。





急登をラッセルする大瀧さん





やっとお天道様が僕らを照らす。
日が当たると一気に温かくなった。





もうすぐ尾根。





尾根に到着。
真新しいスノーシューのトレース。





前進基地が見えた。





雪洞泊跡
昨夜は雪洞泊したのだろう。
僕ら以外にも物好きが居るんだなぁ〜(笑)





積雪3.5M





10時35分
前進基地





山頂に向かいスノーシューのトレースが続いていた。
このトレースは昨日のものの様だ。





ここから先は危険な急登が続く。





大きなブナの木。





高度を稼いだところで振り返る。
なんと綺麗な事、感動した。





遠くは白山まですっきりと見える。





目立つ立山杉。





今にも落ちそうな雪塊





トレースを頼りに登って行く。





振り返った山々
大辻山、七姫山、臼越山の稜線が素晴らしい!





もうすぐ雪見平。





11時45分
雪見平到着。





行く手左側には毛勝三山。





雪見平を歩く。





右手には弥陀ヶ原、薬師岳。





鍬崎山





大日岳がすぐ近くに見える。





風で出来た雪の造形美。





歩くのも楽しい前大日に続く稜線。





幾つかのピークを越えて行く。





振り返ると僕のトレースと大辻山。





凍えそうな木。





弥陀ヶ原。





鍬崎山





前大日岳までもう少し。





強い風が吹いている。
雪の波模様





板も凍り付く。





振り返る。
僕のトレースと追ってくる大瀧さん、竹田さん。





素晴らしいロケーションでしょう!





山頂直下。





12時27分、山頂。





山頂からの景色をどうぞ!





コーラで乾杯!





山頂でガッツポーズ(写真は大瀧さんより拝借)





遅れて二人が到着。
すぐに下山準備。





気温はマイナス10度以上だと言うのに2枚しか着ていない大瀧さん。
アウタージャケットを着込む。





さあ、滑降下山だ。





先に大瀧さんが滑り降りる。





続いて、テレマークの竹田さん。





カッコいいねぇ〜





あっと言う間に小さく見えなくなる。








登りのトレースとスキーシュプール。





大きなブナの木。





大瀧さん竹田さんの滑降。





こけた。(笑)





スキーが突き刺さったわい・・・・と申しております。





13時23分前進基地





滑降する僕(大瀧さんより拝借)





急斜面を滑降する竹田さん。





カッコ良すぎ!





滑降ビデオ。
大瀧さん提供。





前進基地を後にする。





人津谷に入ると雪が腐っていた。





谷を滑降。





雪が腐り重く滑りにくい。





杉を縫いながら慎重に滑降。





余りの暑さに休憩。
上着を脱ぐ二人。





雪が割れ、先に僕が落っこちた沢。
慎重に渡る二人。





今にも落っこちそう。





沢渡りのビデオをどうぞ!





13時56分、取水堤。





雪が腐って滑らない林道。





14時06分クムジュン横通過。





遅れて竹田さん





帰りは立山道路もスキーで滑降
14時17分藤橋付近に到着。
超楽しい山スキーでした。








バック   ミスタータイヤマン富山南店ホームへ