2014年 1月  2日

大品山 1.425M



同伴者     久住さん

年末に帰省していた長女も元旦には東京へUターン
暇な僕は単独でも良いから何処か山へ行こうと決めていた矢先、久住さんから山スキーのお誘い電話があった。
最初の計画では亀谷有峰料金所から白樺平を通り極楽坂山へ行き、極楽坂スキー場ゲレンデを滑り降り
リフトで戻る計画だった。
しかし亀谷はみぞれ、その上積雪が少なく藪が出ていた。
大辻山、七姫山、臼越山と悩んだが、昨年締めくくった大品山へ向う事にした。
粟巣野は粉雪が舞い新雪30センチと良い感じ。
早速本日一番乗りのリフトに乗車。
ゲレンデ最上部から歩き出す。
道水管脇の杉の植林帯は膝ラッセル。
雪が重くかなり体力が奪われる。
山頂に辿り着けるか早くも不安になった。
貯水池からの細尾根の急登は時々腰ラッセルとなりペースダウン。
さすがにここからは久住さんと頻繁に交代しながら登った。
猛吹雪と重い雪、何度も諦めようと思ったが何とか山頂に辿り着く事が出来た。
下山のスキー滑降は雪が重く滑らずその上曲がらない・・・・
しかし下山途中からは晴れ間も覗く天気となり最高のロケーションを楽しむことが出来た。
今回の山スキーでの登りは終始ラッセル、二人で登るには少々きついものがあり、危険回避の為にも
多人数で登るのが一番と感じたやますきーだった。



本日のコースタイム
 8時30分    粟巣野駐車場よりリフトでゲレンデ最上部へ。
 8時37分    粟巣野スキー場ゲレンデ最上部。
 9時42分    貯水池
12時20分    大品山山頂
12時43分    下山開始
13時16分    貯水池
13時35分    粟巣野スキー場ゲレンデ入り口、ロッジわがや到着



本日のコース




8時30分
粟巣野スキー場駐車場から出発




新雪30センチ
天気は雪




リフト券売り場。
料金350円




本日の一番乗りでした。




久住さんは3基遅れて乗車




ゲレンデ最上部は吹雪だった。




道水管脇の杉の植林帯脇は膝ラッセル。




道水管を渡る。




奇妙な形の立山杉




水平道で久住さんとラッセルを交代。




貯水池からの急登が始まる取り付き。




9時42分
貯水池




貯水池を見下ろしながら登る。




急登の細尾根はさすがに堪えた。
ここからは頻繁にラッセル交代。




膝ラッセルで登る久住さん。




像のように見えた杉の木




大品山名物ブナ林




途中で水分補給
やっぱり山ではコカコーラ。




大品山山頂まであと少し。




大品山山頂は吹雪いていた。




たぶん今年大品山一番乗りをした久住さん。




ご機嫌な僕。




ゴーグルを装着して滑降準備。




先ずは先に久住さんが滑降下山。




華麗に滑り降りる久住さん




ご機嫌です。




見た目以上に雪は重く滑らない。




もうすぐ貯水池付近の細尾根。
細心の注意で降りましょう。




貯水池を見ながら下山。




この細尾根の下山は本当に怖かった・・・・




道水管脇に来ると天気は回復。




粟巣野集落が綺麗だった。




ゲレンデ最上部到着。




ゲレンデの人は疎ら。




ガッツポーズ




昨日テレビに出演していた川尻さんを思い出しお腹も空いたのでロッジわが家へ寄ってみる。
そこにはなんと浜ちゃんが居た。




ロッジわが家の看板犬 チョビちゃん




初めてお会いした川尻婦人。
気さくな奥様でした。




昨日テレビで拝見しましたよと言うと、照れていた川尻オーナー




川尻さん手打ちの名物うどん
美味しくて体も温まりました。
川尻さん、どうもご馳走様でした。






バック   ミスタータイヤマン富山南店ホームへ