2014年 5月13日(火)

立山山スキー(富山大学立山研究室横2.840Mよりドロップ)

同伴者       周戸さん 大瀧さん

当初、大日岳を目指し出発したが余りの雪の少なさに予定を変更。
急遽立山駅に向かった。
立山駅に到着後デジカメを取り出すが壊れてウンともスンとも動かない。
今日の報告写真は大瀧さんと周戸さんにお願いすることにした。
お二人にはご協力感謝いたします。

7時20分発のゲーブルに乗り目指すは室堂。
室堂ターミナルに到着するとガスで視界不良、おまけに強い風のあいにくの天気だ。
コースを剣沢滑降か山崎カールか迷った末、雄山山頂から滑り降りる山崎カールへと決定。
とりあえず一ノ越を目指して歩き出す。
視界不良のガスの中を歩くが途中コースアウト、気が付けば浄土山尾根に辿り着く。
強い風で体が冷え、とりあえず一ノ越山荘で一時避難する事にした。
ガスの切れ間をぬって雄山山頂へ目指すも登山道はツルツルテカテカ。
この先は余りにも危険、滑落でもしようものなら大変と判断、引き返した。
一ノ越山荘へ戻り協議、今度は安全な浄土山へ。
浄土山へ向かい山頂に近づくにつれ強い風と先が見えないガスでまたまた最悪の状態。
何とか富山大学立山研究所に辿り着き、建物脇へ逃げ込んだ。
いくら建物わきでもその寒い事、天候回復を待つが一向に良くならない。
いくら待っても回復しない強風と視界不良の中、浄土山山頂は諦め室堂平へ向かって滑り出すことにした。
滑りだしてしばらくするとあら不思議、今までが不思議なくらい一気に天気が回復。
一転して青空の下を滑り降りる絶好のコンデション。
あっと言う間に室堂到着もそのまま一気に弥陀ヶ原まで滑り降りた。
弥陀ヶ原到着後は、室堂からのトラバースの滑りで太ももにかなりの負担、がくがくと震える始末。
ここ最近山行きは体力不足で登りも辛く下りも辛い・・・・・
ちょっと鍛えなおさねばと感じた立山だった。


大日岳の予定が何故か立山駅に到着
大日岳は雪が少なく藪が行く手を阻むと判断したのだ。





立山駅は閑散としていた。





7時20分発のケーブルでいざ室堂へ





ケーブル内も閑散としていた。





室堂ターミナル到着後、剣沢滑降か山崎カールか迷た末山崎カールに決定。
一ノ越を目指して歩き出す。





途中担いでいたスキーを履いて登ることに。





視界不良のホワイトアウト。
何処へ向かっているのか分からない。
道案内の竹竿だけが頼りだった。





視界不良の上、風も強く吹き出した。





気が付けば浄土山の尾根に辿り着く。
慌てて一ノ越山荘へコース修正。





尾根は強い風と視界不良のガス。





山荘手前の斜面を転びそうになりながら慎重に滑り降りた。





一の越山荘へ一時避難。
天候の回復を待つ事にした。





早い雲の流れ
青空が見え隠れする。





とりあえず外に出て天気を確認。





雄山山頂を目指すことにする。





そうと決まればスキーを担いで準備。





登山道は雪が無く登りやすそうに見えたが・・・・・





登るにつれ、カチンカチン、ツルツル氷の登山道へとなって行った。





余りの恐怖にあっけなく退散





一ノ越山荘へ戻りスキーを履いて今度は浄土山へ向かった。





振り返った雄山。
見た目は登りやすそうに見えるがところがどっこい見た目以上に大変危険です。





大きな岩場を乗り越える為スキーを外す。





浄土山目指して再びスキーを履いて登る。




ハイマツに雷鳥。





1歳の若鳥か?





強い風だが視界良好、順調に登っていたが。





振り返った。





山頂に近づくにつれ再びホワイトアウトと強い風に悩まされる。





富山大学立山研究所





氷りつくハイマツ。





強い風とホワイトアウトで建物脇に逃げ込んだ。





寒さに耐えじっと天候回復を待った。





スコップの柄に着いた海老の尻尾





スコップ取っ手にも





一行に良くならない天候にしびれを切らし危険だがとりあえず室堂平を目指すことにする。





滑り出すとあら不思議、嘘のように天候回復、青空が広がった。





シュプールを描きながら滑降。





気分は最高、絶好調!





早い雲の流れと共にあっと言う間に滑り降ります。





周戸さん、ご機嫌!





雄山と速い流れの雲。





光の輪に向って滑り降りる。





雄山と滑り降りる予定だった山崎カール。





髪とサングラスがターミネーターに似てると言われた。(笑)





楽しい滑降はあっと言う間に終わり。
室堂平の登り返しを歩く。





別山、剣御前を背に





駐車場には観光客が散策。





室堂ターミナル横をトラバース。





雪の大谷手前





警告!”





アルペンルート





長いトラバース後、やっと弥陀ヶ原ホテルが見えた。





弥陀ヶ原到着。





バス乗車の手配中。
楽しい立山山スキーでした。




バック   ミスタータイヤマン富山南店ホームへ