2014年 9月 1日(月)

立山三山縦走

同伴者     周戸さん   平松さん   大瀧さん


暑いのと、虫が嫌いな大瀧さんが、9月に入ってようやく動き出した。
丸々と育ったお腹が心配で、まずは足慣らしに立山縦走を計画。
僕も健康診断で、お腹周りがなんと89.5pもありかなりのメタボにショック、大ショックだった。
日頃ロングブレスダイエットしていたが、効果の程は殆どなかった様だ・・・・・
今回の立山登山は一の越からいつもは気にも留めない祠を確認しながら登ることにした。
残念だったのが五ノ越、山頂の鳥居を過ぎた所にあるのを知らず、確認できなかった。
次回のお楽しみとしよう。
登山計画では、できれば別山までと考えていたが、午後の天気予報は雨、大走りを下るコースをとった。
ビックリしたのが地獄谷から出る有毒ガスの被害だ。
血の池付近のハイマツや植物がほぼ全滅。
そしてその付近を通るとガスで目や喉が痛かった。
地獄谷周辺が通行止めは残念だが、仕方があるまい。
最後に室堂山荘裏の玉殿の岩屋を見学して帰った。
室堂ターミナルまでは小雨程度だったが、到着と同時に土砂降り。
大走りコースで正解だったようだ。

本日のコースタイム
 8時30分    室堂出発
 9時20分    一の越
 9時28分    一の越お地蔵様
 9時42分    二ノ越
 9時52分    三ノ越
10時13分    四ノ越
10時17分    雄山神社
10時45分    大汝山
10時52分    大汝休憩所(昼食)
11時27分    大汝休憩所出発
11時57分    真砂岳鞍部分岐(大走りコースを下山)
12時56分    雷鳥沢
13時49分    ミクリガ池
13時52分    ミドリガ池
14時00分    室堂山荘
14時07分    玉殿の岩屋
14時22分    室堂到着


本日のコース




僕と周戸さん、大瀧さんの三人で立山駅へ。
立山駅で平松さんと合流。




7時20分発のケーブルカー乗車。




下りケーブル車輌とすれ違い。




室堂到着。




お互いのお腹を慰めてます。




8時30分
室堂出発。




雄山山頂。
下からガスが上がって行く。




振り返って、奥大日岳。




大日岳、中大日岳。





祓堂(はらいどう)は、昔の立山信仰で下界と神域との境界とされた場所にある小さな祠です。
かつてこれより先に進むには、神の聖地を汚さぬためと、祓川で身を清めたあとワラジをぬいで
お祓いを受け、白けさ、白足袋に着替えた後、頂上へ向ったと言われています。
(弥陀ヶ原ホテルHPより)




ミクリガ池、ミドリガ池、雷鳥沢。




9時20分
一の越山荘到着。




少し登った所に一ノ越の祠が在るはず。




9時28分
在りました。
一ノ越の祠
祠は強風で吹き飛ばされたそうです。
石仏がむき出しに。




その横には新しい石仏。




9時42分
二ノ越




登山者は疎ら。




9時52分
三ノ越




山ガールに写真撮影をお願いされた周戸さん。
可愛い女の子でした(笑)




三ノ越の広場
多くの登山者が休憩。




黒部川を見下ろす。




鮮やかなリンドウ。




久しぶりの山歩きで、皆さん息はハアハア!




ガスが登ってくる。




雄山神社峰本社がすぐそこ




10時13分
四ノ越




10時17分
雄山山頂
社務所から霧の中の本殿




雄山神社峰本社




三角点。




雄山神社峰本社内。




山頂社務所内とカップヌードル




社務所内




登山の安全を願う。




石碑の前を通り




標柱を左へ向かうと大汝山
鳥居の向こうには五ノ越が在るそうです。
次回確認!




山頂の鮮やかな紫の花。




10時45分
大汝山山頂。




恐る恐る山頂の岩をよじ登った。




恐ろしや、山頂に立つ周戸さん。




ご愛嬌の平松さん。




大汝休憩所はすぐそこ。




ここで映画「春を背負って」のロケしとったがやちゃ!




10時52分
大汝休憩所到着。
お腹を凹まして記念撮影!(笑)




昼食タイム。
棒ラーメンとおにぎり。




休憩所内




休憩所内。




11時27分
ガスの中を出発。




草紅葉が始まりかけていた。




ガスで真っ白な稜線。
稜線の風は冷たくて気持ちが良い!




一気に高度を下げる。




快適な稜線歩き




真砂岳鞍部。




大雪渓。




11時57分
真砂岳に登りたかったが、天気予報では午後から雨。
大走りを下山することにした。




2013年11月23日、7人死亡の痛ましい雪崩事故現場。




ジグを切りながら下山
下がるにつれ気温上昇!




チングルマ




チングルマ




途中暑くて上着を脱いで下山。




雷鳥沢が見えた。




河原に辿り着く。




橋を渡ると雷鳥沢キャンプ場。




12時56分
雷鳥沢到着。
閑散としたキャンプ場。




少しだけ休憩。




地獄谷を見ながら登り返し。




地獄谷のガスでやられたハイマツ
真っ赤に枯れていた。




地獄谷のガスが風に流され、のどが痛い。
それにしても雷鳥荘付近の植物が全滅だ。




血の池地獄を見下ろす。




地獄谷




ガスが流され臭い、そして喉が痛い。




13時49分
ミクリガ池。




雷鳥荘を見下ろす。




13時52分
ミドリガ池。




14時
室堂山荘。




室堂山荘前の祠。




日本一古い山小屋、室堂山荘。




室堂山荘裏の玉殿の岩屋を目指す。




14時7分
玉殿の岩屋到着。




岩屋内の石仏。




誰が御供え物をしたのだろうか?




室堂山荘横の祠




14時22分
室堂到着。




皆さん、お疲れ様でした。
お腹もだいぶ凹んだことでしょう。




ターミナル内。




室堂に到着した途端土砂降りの雨。




高原バスは視界不良。




ケーブルカーで下山。





バック   ミスタータイヤマン富山南店ホームへ