2014年 1月22日(水)


和佐府ゼッコ 1.730.9M 岐阜県神岡町  



同伴者   大瀧さん

コースタイム
 6時32分    和佐府集落より出発
 6時45分    和佐府浄水場
 6時55分    林道より取り付
 7時35分    尾根
10時14分    山頂
10時35分    下山開始
11時31分    林道
11時38分    到着



昨年感動した和佐府ゼッコ
今年も行って来ました。
山スキーの為向かう山の村林道で途中子キツネと遭遇。
人懐っこい子キツネを撮影しようと試みたがカメラが間に合わなかった。
しかし帰りの林道ではイノシシと遭遇。
イノシシと林道で駆けっこ、こんな事滅多にできない体験、おまけにビデオに収めることが出来た。
ビデオは最後の方にUPしてあります。
楽しいビデオを、是非見て下さい。
本題の山スキー、前回の周回を止め、ピストンすることにした。
積雪が多く林道の下りラッセルを避けるためだ。
林道歩きを少なくするため早めの取り付、山中歩きを多目に楽しむことが出来た。
尾根歩きは多少アップダウンは有るものの、原生林を見ながら歩くのは時間を忘れ楽しいものである。
山頂に近づくにつれ天気も回復、絶景の雪景色を楽しむ。
和佐府ゼッコ山スキーは毎回感動を与えてくれる山だと思った。


本日のコース




岐阜県神岡町の気温は−5℃




小雪が舞う「宙ドーム・神岡」




山の村の気温は−9℃




道路は圧雪




和佐府集落到着早速準備。
気温はマイナス10℃以上、しかしそれほど寒くは感じない。




6時32分出発




この先には民家。




林道に入ると雪が途絶えていた。
仕方なくスキーを担ぐ。




しばらく担いで歩いた。
しかし、僕はがに股だなぁ〜




6時45分、和佐府浄水場




6時55分早めに取り付いた。




進むと緩斜面のオープンバーン




脛ラッセル、思ったほど沈まなかった。




イノシシのトレース




先ずは大瀧さんがラッセル。




樹林帯突入。




大きく目を引くミズナラの巨木




穴にはまりこける大瀧さん。




無理して急登をしてこけた僕。




青空も覗く。
この先のお天気に期待大!




杉の植林帯。
こんな奥深い山中に人の手が入っているなんて驚き!




7時35分 尾根に出た。




大きなミズナラがあちらこちらにある。




どのミズナラにも決まって熊棚が




沢山の猿のコシカケ




尾根伝いに進むがなだらかで高度を稼げない・・・・
白樺と杉、ヒノキ、ブナ、松の混成林。




休憩!
山ではコカコーラが一番!




大瀧さんもコカコーラ




巨木ミズナラをバックに




飛越トンネル方面




アップダウンする尾根




前方に大きなミズナラ




大瀧さんんと比較してその大きさが分かるでしょう。




尾根沿いに並ぶブナ林




先を急ぐ僕。




前回登ったルートと合流




時々薄ら青空。




ヒノキの生える細尾根になる。
進行方向右手には雪庇が。




雪を被ったダケカンバが美しい。




青空!




この景色がたまらない。




このまま晴れ渡って欲しいが・・・・




尾根が開けて来た。




日が当たってモノトーンの世界が広がる。




大きなヒノキ、山頂が近い。




ヒノキを越すと山頂が見えた。




登ってきた尾根を振り返る。




山頂はすぐそこ。




10時14分山頂




山頂に立つ。




山頂に立つ大瀧さん。




動きが早い雲。




10時35分
滑降準備を済ませ下山




先ずは大瀧さんが滑り降りる。




パウダーを満喫しながら滑降。




素晴らしいロケーションに時々止まってカメラ撮影。




大瀧さんの滑りをどうぞ!




一気に滑り降りる。




カメラを手に




滑降する僕。




木の枝を除けながら滑降。




パウダー最高!




青空が広がり気持ちが良い。




アップダウンの尾根、時々登り返し




滑った尾根を振り返る。




青空と寺地山方面。
北の又岳が見えず残念。




段差にスキーをとられこける大瀧さん。




登り返しもまた楽しい。




登り返しをする僕。




沢山有る熊棚




杉の植林帯を抜けると緩斜面のオープンバーン。




オープンバーンを滑り降りる大瀧さん。




林道まであと少し。




11時31分、林道到着




思わずバンザイ!




林道を滑り降りる。




11時38分、和佐府集落到着。
今日も楽しい山スキーでした。




帰り道で見えた、前回登った天涯山




そしてイノシシと遭遇。
道路両側が雪の壁で逃げ場のないイノシシと駆けっこ。




ビデオ見てねっ!
笑いすぎないようにねっ!




バック   ミスタータイヤマン富山南店ホームへ