2015年 5月 5日(火)

大日岳山スキー   2501M

同伴者     竹田さん  高柳さん


先日称名道路が開通、大日岳に行って来た。
今年は雪が多いと聞いていたが、その逆で例年にない雪の少なさだった。
取り付きは八郎坂登山口正面から登るはずが雪渓が無く仕方なく夏道登山口から取り付く。
下山も牛首雪渓を滑る事が出来ず歩いて下山だった。
今日は気温も高く快調に登る事が出来たが休んでいると大量のぶよの攻撃に遭う。
竹田さん高柳さんのおかげで大日岳山頂を踏めて本当に嬉しかった。


 7時16分   称名駐車場出発 
 7時38分   大日岳登山口
 8時47分   猿ヶ場
 9時18分   牛首
10時24分   大日平小屋
13時 6分   稜線
13時20分   大日岳山頂
13時48分   下山開始
14時26分   大日平小屋
14時54分   牛首
15時55分   大日岳登山口
16時20分   称名駐車場


本日のコース




称名ゲート前には車二台、登山者は居ない様だ。





称名駐車場で出発準備。





7時16分出発。





称名遊歩道を歩く。





称名川は水量が多い。
しかし雪が少ない。





八郎坂登山口正面かいから取り付こうとしたが、雪渓が少なく夏道登山口へ引き返す。





7時38分
大日岳登山口





雪渓を登る。





ルートを外れ夏道方向へ藪こぎ。





落石が怖い雪渓。





おニュー上着だと必ず藪漕ぎの竹田さん。





この雪渓を越えたら夏道。





夏道に戻れた。





夏道を登る。





8時47分
猿ヶ場で一休み。





牛首雪渓。





牛首雪渓を登る。





アイゼン無しで蹴り込んで登った。





9時18分
牛首通過。





雑穀谷は雪で埋もれている。





倒木を潜る。





大日平へ続く尾根。





大日平到着。





ここから先はスキーを履いて





大日岳、中大日岳。





スキーを履いて





先ずは大日平山荘へ向う。





平を歩く。





10時24分
大日平山荘。
やはり雪が少ない。





鍬崎山





雲海が追ってくる。





大日岳を登る。





高柳さん、この先アイゼン装着で登る。





振り返った大日平山荘方面。





僕と武田さんはスキークトー装着して登る。





アイゼンを履くと一気にスピードアップの高柳さん。
先に登っていた。





13時 6分
稜線到着、大日小屋を見下ろす。





目に飛び込んできた剣岳。
先ずは剣岳に乾杯。





雲海





剣岳





大日岳山頂が見えた。
手を振り迎えてくれる高柳さん。





13時20分
大日岳山頂。





何とか登頂する事が出来ました。





3人で記念撮影





13時48分
下山開始。





これから先はお楽しみのスキー滑降下山。





先ずは大日小屋を目指す。





大日鞍部でテント発見。





黒五から入山したと言う男性だった。





大日岳滑降。





キャッホー!





キャッホー!キャッホー!キャッホー!





細板テレマークの高柳さん。





一気に滑り降ります。





大日平到着。





平を滑る。




平を滑る竹田さん。





谷を滑り降りる。





牛首上部尾根に到着。
スキーは此れまで。





倒木を潜る。





はしご場





慎重に降りる。





牛首を降りる。
スキーが引っかかり危ない。





牛首雪渓を降りる。
スキーが引っかかりつんのめって危ない。





後ろ向きで降りる。





写真で分かるだろうか?この怖さ!





夏道に合流。





夏道は至る所倒木。





雪渓の巨石灯篭。





良くこんな所に





もうすぐ称名遊歩道。





15時55分
登山口無事到着。





楽しかったです。





竹田さん到着。





称名遊歩道。





16時20分
称名駐車場到着。




バック   ミスタータイヤマン富山南店ホームへ