2015年 2月 1日(日)


天蓋山 1.527.8M  岐阜県山之村


同伴者      平松さん   大瀧さん   北川さん   藤野さん


富山上空マイナス30度の寒気が入る中、山之村の天蓋山へ行って来た。
3年ぶりの同行となった新婚ホヤホヤの藤野さんと山スキーが出来るのも楽しみだった。
出発後、まず先頭ラッセルは若い藤野さん。
僕は楽ちんな一番後方からついて行く。
谷に差し掛かかり渡ろうとするが、僕の番になると橋が痩せて細くなっていた。
何とか渡ろうと挑戦するも怖くて渡れない。
結局僕と大瀧さんが夏道ルートを、平松さん、北川さん、藤野さんチームは最短ルートを進む。
昨日からの新雪は急斜面では腰まで達するラッセルとなり早い交代で乗り切った。
山頂近くで皆さんと合流し全員で登頂したが風が強くとにかく寒い。
体感温度はマイナス20度ほどか・・・?
早々に準備して滑降下山となった。
下山ルートは谷を滑り降りる。
新雪が深い谷沿い滑降は、大瀧さん北川さんは板の広さが効いてサーフィンの様にかっ飛んで行く。
それが見ていてかっこ良いのだ。
やはり僕も太い板を買うべきなのだろうか?
スキーでの下山はあっと言う間、一滑りごとに気温が高くなるのが分かるほどだ。
変化に富む谷コースを楽しみながら無事に下山。
楽しい一日でした。



本日のコースタイム

 6時44分    出発
10時24分    山頂
12時04分    到着


本日のコース




山之村の気温−七℃




バス停前に駐車。
南宅前がなんともイイネッ!




準備中!




大瀧さん、北川さんの太い板と僕の板。




6時44分
若い藤野君が先頭ラッセルで出発。




キャンプ場到着
雪の壁が高く、取り付くのも大変。




何とか取り付いた。




キャンプ場案内板。




合掌造り。




サメの歯のような氷柱。




小屋の屋根にはでっかいと積もってました。
良く倒壊しないものです。




キャンプ場内を進む。




天蓋山をバックに!




皆さんすんなり渡った谷。
僕の番になると痩せて細くなっていた。




僕は橋が細くて怖くて渡れません・・・・・・(恥)




結局大瀧さんと夏道コースを進む事になった。
登るにつれ風が強くなり寒さが増す。




凍りつく木。







ラッセルは早めの交代で廻した。




雪が深いところでは腰ラッセル。




寒さに強い大瀧さんもさすがに寒いねぇ〜




夏道はアップダウンを繰り返す。




スズメ平到着。
チュンチュン




山頂近くで皆さんと合流。
合流出来て良かったぁ〜




10時24分
山頂到着。




皆で登頂記念撮影。






寒い山頂は早々に後にする。
北川さん、広い板で板がサーフィンの様に浮いている。




トレースを滑っているのに沈む僕の板。




かっこ良いのです。




深雪に悪戦苦闘。




久しぶりの藤野さんはスキーがかなり上達、スイスイ滑ってました。







平松さん、藤野さん。




テレマークの平松さんも細板で悪戦苦闘。












深い雪は転ぶとご覧のとおり。




楽しかったなぁ〜




無事道路に帰還。




12時04分
駐車場到着。




楽しかったなぁ〜とバンザイ




今回参加者のスキー




満足げな面々





バック   ミスタータイヤマン富山南店ホームへ