2015年 2月 8日(日)

打保ゼッコ 1.793.8M 岐阜県神岡町  



同伴者      平松さん   大瀧さん  山本さん  北川さん


コースタイム 
 7時00分     打保集落より出発
 8時15分     神岡新道
 9時53分     尾根
10時25分     山頂付近
10時40分     下山開始
12時22分     到着


今日の天気予報は気温が高めの雨。
山スキーには厳しい条件だ。
当初は日照岳を計画、天気予報を見て次に標高の高い乗鞍周辺も企画したが、前日、人の入っていない水の平へと急遽変更なった。
車で向かう途中にある山之村の道路温度計は気温0度とかなり高め。
この時点で滑りの期待はできないと思った。
打保集落に到着するも気温が高め、これじゃ帰りは雨かなと頭によぎる。
打保集落から林道を水の平を目指し出発、出発時間が遅い事もあり途中近い打保ゼッコに変更。
これが吉となる。
急な尾根を登るにつれ雪は暴風雪そしてパウダーに変わる。
この時登りながら進む右の谷のオープンバーンが気にかかる。
この谷を滑りたい・・・・と思いながら登った。
山頂で、帰りはこの谷を滑る事に全員一致。
暴風雪の山頂は早々に後にして谷へとドロップ。
谷はパフパフのパウダーが待っていた。
うれしくて♪うれしくて♪言葉にできない〜♪
思った以上に長くて広いオープンバーンは今まで滑ったどの場所よりも最高のスキー斜面だった。
帰りの車中は皆さん「良かったじゃ〜」の連呼だった。



本日のコース




山の村打保地区最終除雪地到着。




7時00分
除雪最終地点より取り付。
雪壁が高く、本日最初の難所。




続く僕は軽くクリアー




続く平松さん
危ない、危ない!




山健さん、早く早く!




右手には、怪しい廃墟。




正面、目指す打保ゼッコ。




大きな川を渡る。




しばらくは我慢の林道歩き。




ヤドリギの木が沢山あった。




目指す打保ゼッコ。




ツルアジサイの枯葉。




沢山落ちてました。




神岡新道。




植林された見事な木
昨年あった間伐材が綺麗に片付けられていた。




しばらくは谷沿いに登る。




谷沿いを進む。




細尾根に取り付いた。




ハイペースで一気に登る。




もう少しで尾根だ。




9時53分
尾根到着。
風を除け大木脇で一休み。




白樺の尾根を進む。




尾根は暴風雪。




針葉樹の尾根を登ればもうすぐ山頂。




10時25分
山頂到着。




僕の髪の毛は凍りついていた。




滑走準備完了!
山頂で記念撮影。




滑走が楽しみな面々!




さあ、滑走だぁ〜




パフパフパウダーでご機嫌!




本日で山スキー2回目の山本さん。
写真で見るとカッコいいねぇ〜




パウダー満喫。




ご機嫌な僕。




超楽しいのです。




パフパフ




あっという間に滑り下ります。




テレマークの平松さん。




平松さん、かっちょええなぁ〜




Vが深い谷をトラバース。




足がパンパンで山本さんはお疲れかな?




超カッコ良かった北川さん。




先を滑る大瀧さんと北川さん。
僕は最後に滑るので二人を撮る事が中々出来ず残念。




神岡新道到着。
ここからは長い長い林道滑り。
ジェットコースターのように楽しい。




到着地点間近で先頭を北川さんに先を追い抜かれた。
この表情、楽しかった顔ですねぇ〜




12時22分
大瀧さん到着。
楽しくて顔がほころぶねっ!




続いて平松さん到着。
楽しくて思わずこのポーズ!




最後に山本さん。
楽しかったねぇ〜




本日大活躍のスキー





バック   ミスタータイヤマン富山南店ホームへ