2015年 1月18日(日)


和佐府ゼッコ 1.730.9M 岐阜県神岡町  



同伴者      大瀧さん

コースタイム
 7時24分    和佐府集落より出発
 7時40分    和佐府浄水場
 9時00分    林道より取り付開始
11時50分    和佐府ゼッコ山頂
12時42分    ドロップポイント到着
13時05分    滑降下山
13時44分    和佐府浄水場
13時49分    到着


今日の山スキーは、和佐府ゼッコ、稜線から見る北アルプスのロケーションが最高の大好きな場所だ。
ただ、前日からの降雪がかなり多く激ラッセルが心配される。
おまけに参加者二人がドタキャン、いくら山の怪人大瀧さんと同伴二人でも登頂できるか心配だった。
和佐府ゼッコはロケーションが良いのだが、難は林道が長いのと、周回で滑降する尾根は藪が多く危ない事。
スキーを楽しむ山と言うよりはスキーでゆっくりと歩き、山景色を楽しむ山である。
今日は思ったほど寒く無く天気も良さそう、気分を切り替えラッセルを楽しみながら林道を歩く。
長い林道から尾根に取り付く急登で突然右ひざ後ろ外側の筋に電気が走る様な痛みが出た。
最初は軽い痛みも歩くにつれそして体重を乗せるたび強い痛みと変わって行った。
尾根沿いに歩くラッセルは殆ど大瀧さんに任せ、僕はトレースを利用させていただく。
それでも登頂できるか心配な痛みだった。
無理をしてこのまま登って傷みが増し、下山出来ない様な事になったら・・・・・
そんな事が頭をよぎる。
稜線に出るとそこには真っ青な空と、素晴らしい景色が広がっていた。
こんな景色を見ながら歩くと不思議と痛みも忘れてしまう、不思議なものだ。
目の前の北アルプスの大パノラマを見ながら歩くとあっと言う間に和佐府ゼッコの山頂に辿り着く。
山頂では休まずスルー、僕も大瀧さんも凍りついた有峰湖を早く拝みたかった。
山頂を越えドロップポイントへ向かう下り途中から有峰湖が見えた。
残念ながら有峰湖はエメラルドグリーン。
鍬崎山をバックに写る有峰湖は神聖なものに見えた。
雲一つない真っ青な空と北アルプスの山々を満喫しドロップポイント到着。
重く腐り始めた雪に苦戦しながらなんとか下山出来た。
今回の膝裏筋の傷み、運動不足によるものなのか?
同伴の大瀧さんにはかなりの負担をかけてしまった。
長く、太く、重い板でのラッセルは相当きつかっただろうと思う。
この場を借りてお礼申し上げます。
山スキー、下手すりゃ命とり、平生の鍛錬がいかに大切か反省させられた。


本日のコース




山の村道路脇の気温計も雪に埋まる。
気温マイナス7度、今日はあたたかい。




和佐府有峰林道分岐に駐車




出発準備。




7時24分    和佐府集落より出発




除雪された林道歩き。




大瀧さん曰く「雪の小谷」を歩く僕




和佐府浄水場
除雪はこの近辺迄。




浄水場を過ぎるとすぐに林道ラッセルが始まる。
先ずは僕が膝上のラッセル。




大瀧さんと交代。




杉林内は少しだけラッセルが楽!




倒木を避け




真新しいカモシカのラッセル跡




開けた場所に出る。




9時00分
開けた場所から右の谷沿いに進み取り付く。




取り付後の急登で悪戦苦闘の僕。
この時右膝後ろの筋を痛める。





薄らと青空、期待大!




行く手を拒むお辞儀したミズナラの大木。




取り付きの急登を越え尾根沿いを歩く。
この後大瀧さんが殆どラッセル。




薄日が差して暖かい。




右膝裏痛で途中時々変わるも長続きしなかった僕のラッセル。




左手には本日のドロップポイントのピークが見えた。




稜線出た。
ラッセルが少しだけ楽。




ラッセルでお疲れの大瀧さん。




右前方に和佐府ゼッコが見えた。




右手には北ノ又岳と黒部五郎岳。









遠くに御嶽山




左手に薬師岳が少し顔を見せた。




SMの木だそうです(笑)




最高の天気の稜線歩き。




ネコヤナギが芽を吹いていた。




もう少しで山頂。




左手には西笠、東笠




透き通って見える北アルプスの山々。




天気が良く気温が上昇。
雪がだんだん重くなってくる。




重い雪で一歩一歩ゆっくり進む。




ビッグモンスター




もうちょっとだよと励ます大瀧さん。




登ってきた尾根を振り返る。




膝が痛くトレースを利用してもヘロヘロの僕。




山頂付近の広場。




風が強いのか御嶽山の噴煙が見えたり消えたり。




山頂では巨大なモンスターがお出迎え。




山頂のモンスターたち。




山頂間近。




山頂から見た薬師岳。




山頂付近から。




11時50分
山頂を越えそのままスルー、ドロップポイントへ進む。




雲一つない空




薬師岳と北ノ又岳のコラボ。




鞍部に向うにつれ見えてきた有峰湖。




有峰湖をバックに。



有峰湖と大瀧さん。




有峰湖をアップで。
本当は凍り付いた有峰湖を見たかった・・・・




薬師岳と麓のモンスター




北ノ又岳と黒部五郎岳




和佐府ゼッコから鞍部へ降りる。




重い雪は鞍部に向かう下りでもラッセル。




正面ピークがドロップポイント




鞍部からの登り返し。




右手に剣岳、ズームで!




大日連山。




ラッセル続きで大変な大瀧さん




薬師、北ノ又岳




辛い登り返し。




振り返った和佐府ゼッコとスキートレース。




もう少しでドロップポイント




12時42分
ドロップポイント到着。




この先和佐府方面、針葉樹沿いに尾根を滑り降りる。




13時05分    滑降下山開始




ドロップポイントより和佐府を見下ろす。




滑降は雪が重く思うように滑らない。




大瀧さんのトレースを利用すると滑るのだが、スピードが乗りすぎて今度は怖い!
腐り始めた雪と膝痛で滑降も苦戦しながら降りる。




林道に出てからも下りラッセル。
登ったトレースに辿り着いてほっとした。
13時44分、浄水場通過。




解け始めた車道もスキーで滑り降りる。




13時49分
無事、到着!









膝の痛みに耐えながら無事下山。




板の大きさ歴然。




今回の山スキー、少しは痩せたかな?





バック   ミスタータイヤマン富山南店ホームへ