6月21日(火) 

常願寺川本流釣

同伴者    大瀧さん 


6月だと言うのに暑い日が続く。
山に雪が無く暑くて行く気がしない・・・・で、涼を求めて常願寺川本流へ釣りに出かけた。
午前5時前、最初のポイントに入ることにする。
中流域のこのポイントは大きなトロ場が多く続く魅力的なポイントだ。
昔はここで大釣りをしたことが多々あったが、今回は時間が早すぎたこともあり活性が低く思うような釣果は出なかった。
しかもこの辺は昔ほとんどヤマメは生息して居なかったが、釣れるのはヤマメばかり。
大瀧さんにもヤマメしかヒットしなかった。。
それでも良型のヤマメを数匹ヒットし楽しめた。
川をさかのぼる事約2時間、先行者が居るのに気づき納竿。
上流部へ移動する事にする。

場所を変え再度釣り開始。
水量が思ったほど無く、少ない・・・・
こりゃ駄目かなぁ〜
さほど期待もせず滝壺にルアーを投げると追いかけてくる岩魚が見えた。
その後はアタリの連続。(スレていてヒットは中々しない)
釣れる多くが30センチ越の良型がヒットしてくる。
途中ライントラブルで車まで引き返し、予備のリールに変え釣り再開。
しかし時間もお昼近くなっていて納竿となった。
今回、大きな滝壺で40センチ以上はある大岩魚をばらした。
体が青白く頭が巨大な大岩魚だったが、陸近くまで引きずり上げたものの針が伸びバラシ・・・・
しかし大瀧さんは40センチオーバーを釣り上げていた。
場所の公開は場荒れが心配だが今回は記録として残しておくことにする。
尚、大瀧さんは小型だけをキープ、大型岩魚は全部リリースしていた。
何時もはリリースし持ち帰ったことが無い僕であるが、久しぶりに試食の為全部持ち帰った。
車で着替えをしているとオロロを見つけた。
今年の6月の気温は異常だ。
オロロが沢山で始めると岩魚釣りもしばらくはお休みだな。


常願寺川中流域
川幅が広く水量が多く好ポイントが続く。
たち込んで狙う僕。



最初に来た銀毛化したヤマメ。
30センチ近くあった。



小型のヤマメヒット。



中流域では岩魚の姿が確認できなかった。
釣れるのはヤマメばかりだった。



大瀧さんにヒット。



僕が差しあげたルアーでヒットした。
やはりヤマメだった。



ヤマメを釣るのは久しぶりだそうです。



チャラ瀬を攻める。



追っては来るが、人の姿を見るとUターン!
スレているのだろう。






場所を上流域に変えた。
釣れたのは良型岩魚。



これでも30センチ以上はある。



良型岩魚が多い川だった。



帰宅後、イワナの刺身。
天然岩魚の刺身は何年振りだろうか?

しかし僕は悲しいかな自分で釣った魚は食べれない。
でも、家族に喜んでもらえて良かった。



持ち帰った訳は、初めて挑戦するダッジオーブンでつくるイワナの燻製。
試しに3匹だけつくってみる事に。
上手くいけば残りも燻製にしようと思う。



いよいよ燻製つくりに挑戦。
上手くいくかな?



ダッジオーブンに火を入れた。



岩魚の燻製の出来上がり。
良い香りがしてます。
さて、お味の方は如何だろう?




バック   ミスタータイヤマン富山南店ホームへ