5月 1日(日) 2日(月)

某川渓流ルアーフィッシング

同伴者    竹田さん  大瀧さん

例年五月連休は、大日岳山スキーや鍬崎山登山が定番となっていたが、今年は残雪が少なく諦めた。
人混みは大嫌いなので静かな渓流釣りに行くことにした。
計画では、某軽テン泊で楽しむはずだったが、皆さん予定が会わず日帰り釣行となった。
1日の早朝かなり激しい雨が降り渓の増水が気になったが、川は澄み釣りが出来そうだ。
ルアー釣り初挑戦の竹田さん、思うようにキャスティングが出来ず悪戦苦闘。
それでもすぐに岩魚がヒット。
僕も順調に釣果を重ね、満足した。
一番大きな獲物は35センチオーバーの大物。
久々の大物に心が躍る。
釣れるたび小さなプールを作り帰りに回収しようとしたが、イワナが逃げ出し居なくなっていた。
岩魚には足が生えているのだろうか?

2日は大瀧さんと同行。
渓の水が引き昨日に比べ水量がかなり少ない。
水量が原因か釣果は今一つ。
それでも30センチオーバーも釣れ大満足。
帰りには軟らかく香りが良いウドもゲット。
五月連休、人込みを避け静かな渓で楽しむのが正解だった。


ルアーでは一級ポイントのとろ場



岩魚がヒット。



プールを作り帰りに持って帰ることにした。
しかしイワナには足が生えているのか居なくなっていた。



昔は姿を見たことが無かったヤマメ。
誰が放流しているのだろうか?



大きなカジカ蛙。



竹田さんファーストヒット



一匹は僕が釣り上げた岩魚。



ファーストヒットに大喜び!



釣り登ってきた渓。



テンカラに最高の瀬。



大きなトロ場
岩魚がウジャウジャ泳いでいた。



僕は気になる滝を目指して先を急いだ。



大きな滝に到着。



一投目できた型の良い岩魚。



右は崩れて壊れた堰堤。



左も壊れて傾いていた堰堤。



次から次へとイワナがヒットしてくる。



25センチの岩魚。



竹田さんにもヒット。



結構でかい!



ルアーをスピナーに変えてヒット。



30センチほどの岩魚だった。



午前中の釣果。



昼飯におにぎりとマルちゃん製麺。



場所を変えて再チャレンジ。



竹田さんヒット。



綺麗な岩魚。



腰まで浸かりながら進む。
冷たくて体が冷える。



好ポイントの連続。



見た目以上に水量が多い。



好ポイントを検める。



釣れた岩魚をロッドにエラから串刺しで持ち帰る。



笹の葉にチェンジ。



これ以上進めないゴルジュで



すかさずヒット



水量が多く、何処に竿を出してもヒットした。



二日目


瀬を検める大瀧さん。



反応が無く諦めた。



その場所で僕がヒット。



瀬を検める大瀧さん。



魚影が濃い場所で。



残念なことに根がかり・・・・んん〜残念!






大きな滝でヒットした大きな岩魚。
分かりづらいが口から10pほどのイワナを吐き出した。



半分消化して口から出て来た岩魚。
こんなに大きな岩魚を共食いするなんて信じられん・・・・・



脇の沢へ移動。



いきなり大物ヒットの大瀧さん。



大物ににんまり。



でかい口



精悍な顔つきのビッグな岩魚。



来年も五月連休には渓に来ようと思った。




バック   ミスタータイヤマン富山南店ホームへ