2016年 1月31日(日)

新田山(923.7m)

同伴者    北川さん   竹田さん   

今年の少雪の影響で前日まで場所が決まらなかったが夜遅く竹田さんの提案で糸魚川方面に決定。
向った先は新田山(しんでんやま)。
心配した雪もかなりあり、久しぶりにスキーを楽しむ事が出来た。
駐車場は、焼山温泉に止める。
除雪があるかもしれないのでホテルの人に車の鍵を預けスキー場跡を登る。
苦も無く2時間少々で山頂に到着。
スキーは太板のアルマダで今回が二度目、登りは雪に沈ます快適なのだが、滑りは慣れないからか全く曲がらない。
曲がらないと言うよりエッジが効かない。
北川さんに指導を受けるもうまく滑れなかった。
少しゲレンデで練習しないと使いこなせない板かもしれない。
久々の山スキーは余りの嬉しさでお代りをした。
帰りは、焼山温泉で入浴、500円とは少々お安さに驚いた。
湯の花が漂うお湯は良く温まり最高!
帰りにかつ丼とラーメンが有名な青海の大むら食堂へ。
両方食べたが、夜までお腹は満腹、晩御飯は食べれなかった。
山スキーをして、温泉に入り美味しい食事で大満足。
ここへはもう一度訪れたいと思った。



本日のコースタイム
 7時40分    焼山温泉駐車場出発
10時 8分    新田山山頂
10時34分    下山開始
10時51分    林道より登り返し。
11時30分    ドロップポイント到着
11時57分    焼山温泉駐車場到着



本日のコース。
嬉しくて思わずおかわり、途中から登りかえした。




焼山温泉駐車場。
湿った小雪が舞っている。。




準備中。
準備が終わった後除雪があるかもしれないのでホテルの方に車のキイを渡した。




僕は今日が二度目の太い板、アルマダ。
北川さんも今日が二度目の板。




7時40分    焼山温泉駐車場出発




ガスがかかるスキー場跡を登って行く。




スキー場を登りきると林道歩き。




スキー場上部。




青空も覗いた。
天気回復か?




所々林道をショートカット。




厚着で汗をかく。
途中上着を脱いで登る。




汗ビッショリのお二人さん。




暑いじゃ〜と言ってます。




後ろから追ってきた、テレマーカー




ガスがかかる中、 山頂を確認。




尾根に到着。




尾根沿いに山頂を目指す。




気になる木。




行く先右にピークが見えた。




山頂までもう少し。




大きなヤドリギ。




山頂に近づくにつれ青空が。




山頂到着、真上は真っ青な空。




一番乗りは案内役の竹田さん。




10時 8分    新田山山頂




山頂で全員で記念撮影。




右、青いジャケットの富山から来たと言うテレマーカー。




焼山方面。




綺麗な見ごたえある山だ。
名前を聞いたが忘れてしまった。
誰か知ってたら教えてね!

黒部の俊ちゃん、飯田さんから教えて頂きました。
ヒマラヤ的頂は、左が「阿弥陀山」右が「烏帽子岳」だそうです。
有難うございました。




滑走下山準備中。




焼岳の噴煙。




10時34分    下山開始




竹田さん、北川さんが先に下山滑降。




太板で滑り降りる北川さん。
なんともかっこいい!!




一気に滑り降りる。
皆さんキャッホー




僕は慣れない太板で悪戦苦闘。
ついて行くのがやっとだった。




林道到着しばらく歩くが、もう一度滑りたくなる。




10時51分    滑り足りず途中皆の意見で林道より登り返し。




やる気まん満の北川さん。




北川さんの知り合いが滑ってきた。




登り返し後、ドロップポイント到着




急いで滑降準備
心が騒ぐぜ!




本日二度目の滑降開始。




華麗に滑り降りるテレマークの竹田さん。




あっと言う間に滑り下りてく。




林道到着。
滑降した斜面を見上げる。




林道を下山。
太ももピリピリヒクヒク




11時57分    焼山温泉駐車場到着




大満足の竹田さん。
満足げな良い顔してました。




楽しかったねぇ〜




本日使用の板。
皆さん太い板でした。




スキーの後は温泉!




温泉に入って気分はありがたやぁ〜




帰り道に寄った有名な大むら




北川さんの特盛の盛りそばと竹田さんの並のかけそば。




僕は大むらお勧めのかつ丼とラーメン
これだけ食べたら晩飯は食えなかった。





バック   ミスタータイヤマン富山南店ホームへ