2016年 1月31日(日)

新田山(923.7m)

同伴者    筏井さん  北川さん  大和さん  松崎さん  他3名


北川さんお誘いで、赤禿山へ行くことになった。
朝日町で筏井さん大和さん達と合流。
糸魚川沿いに車を走らせるもかなりの積雪量となってくる。。
除雪の状態次第では赤禿山は無理かも、途中安全な新田山に変更となった。
新田山は先週に続き二度目の山だが、先週とはうって変わって1b近く積もった新雪で悪戦苦闘。
しかも斜面のラッセルは腰まで来る始末。
早めの先頭交代で登るもかなりの時間を要した。
下山滑降もこれまたラッセル、太い板のアルマダをもっても、雪上に浮いて中々滑ることは難しかった。
今年は少雪でパウダーは滑れないかもしれないと思っていたが、予想を超えた積雪は行く手を拒みこれまた大変だった。
ラッセル三昧でかなり疲れたが、これまた楽しい思い出となり満足した。


本日のコースタイム
 9時 5分    焼山温泉駐車場出発
12時50分    新田山山頂
12時55分    ドロップ開始
14時 5分    焼山温泉駐車場到着



本日のコース
余りの雪の多さに、下山滑降も登りのトレースを使って滑り降りた。




焼山温泉到着。




準備中。




9時5分
橋手前で取り付。




ご覧のとおりかなり積もっていました。




板を履くのも大変。




僕だけ焼山温泉駐車場から板を履いていたのでお先にラッセル。




太い板のアルマダでさえこれだけ沈みます。




後ろは元気な筏井さん。




途中ラッセル交代。




例年は雪で埋まっていると言う大岩。




スキー場を過ぎ林道歩き。




獣のトレース。




途中トンネルを掘って雪中を進むみたいだ。
この生き物の正体は?




スノボーの松崎さん。
スノーシューは悪戦苦闘。




林道をショットカットして現れた滑走面。




ここからが大変だった。





早めの交代ラッセルでも中々進まない。




皆のコースと外れるとご覧のとおり。
雪と、もがいてました。



急登をラッセルする僕。




12時50分
尾根手前の平らな所をドロップポイントとした。




下山準備。




雪がふわふわで片足づつシールを剥して準備した。




滑降するのも大変そう・・・・




12時55分
ドロップ開始。
斜面に出るのもご覧のとおり。




新雪を滑るとラッセル状態。
登りのトレースを使いながら滑降。




転ぶと大変。
離れない様に滑り降りた。




14時5分焼山温泉駐車場到着。
スキーの後は温泉、入浴料500円は安すぎ!
そして温まるお湯です。




温泉に浸かり、食事の相談中。




結局大むらへ。
僕はラーメンの大盛。
お腹いっぱいになりました。






バック   ミスタータイヤマン富山南店ホームへ